VAMPS、「VAMPS WORLD TOUR 2013」アメリカ2公演成功でフィナーレ

okmusic UP's / 2013年12月13日 23時0分

HYDE(L'Arc~en~Ciel)、K.A.Z(Oblivion Dust)からなるVAMPSが「VAMPS WORLD TOUR 2013」の最終公演を敢行した。

【その他の画像】VAMPS

ファイナルライブはアメリカにて2夜連続で開催。12月4日にロサンゼルスHOUSE OF BLUESにて、12月8日にニューヨークROSELAND BALLROOMにて行われ、それぞれ1000名、2000名のオーディエンスが、VAMPSの激しくも美しいパフォーマンスに酔いしれた。

両会場は、それぞれアメリカでも数々のアーティストがパフォーマンスを披露している音楽ファンには馴染みの会場。海外を改めて視野に入れ、活動を本格化している2人にとっては非常に象徴的な場所であった。時にラウド&ヘヴィ、時にメロディアスなサウンド、パフォーマンスに会場を訪れたファン、ジャーナリスト、メディアは口を揃えて「この手の音楽はマッチョなイメージが一般だけれど、かれらは美しくも力強い!本当にVAMPSにしかできない素晴らしいライヴだ!」と絶賛。

また、彼らのパフォーマンスに彩りを加えたのが、サポートアクトたちだ。両公演にSlipknotのSID/DJ STARSCREAMがDJプレイを演じ(SIDならではの「SEX BLOOD ROCK N' ROLL」のリミックスも披露)、さらにHOUSE OF BLUESではLiving Dead Lights、ROSELAND BALLROOMではKillcodeといった地元の若手バンドが骨太なロックで会場をにウォームアップしてくれていた。

なお、長い歴史を誇るROSELAND BALLROOMは、来年の3月に幕を閉じることが決定した。先日もそのステージに立って来たアーティストをはじめ舞台表裏の関係者から惜しむ声が寄せられ、その千秋楽をレディー・ガガが務めると発表された。VAMPSはその会場で、彼ら自身2度目となる素晴らしいパフォーマンスを繰り広げた。

VAMPSは12月22日には国立代々木競技場 第一体育館で行われる「Music For All」でのパフォーマンス、12月27日にはテレビ朝日系「MUSIC STATION SUPER LIVE 2013」に出演し、2014年を迎える。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング