acid android、ワンマンライヴで観せた2013年の集大成

okmusic UP's / 2013年12月16日 17時0分

12月13日@新木場スタジオコースト photo by 岡田貴之 (okmusic UP's)

yukihiroのソロ・ユニットであるacid androidが、12月13日に東京・新木場STUDIO COASTにてライヴを行なった。

【その他の画像】acid android

 4月以来、約8カ月ぶりのワンマンとなる今回は、ギターにKENT(Lllies and Remains)、ドラムに山口大吾(People In The Box)をサポートとして迎え、ここ最近のacidのライヴではおなじみの3 人編成となった。

 ステージの前面に薄いベールがかかったままの「unsaid」でライヴがスタート。3 人のシルエットがかすかに見える中、一発目のバス・ドラムの音にフロアが振動する。大規模クラブ・イベントにも余裕で対応する会場だけに、迫力十分の重低音だ。そのキックにクランチ・ギターとシンセ・ストリングス、そしてyukihiroのささやくようなヴォーカルが交わり、淡々と曲が進行していく。VJが映し出すミニマルな映像も相まって、無機質な美しい世界観に一気に会場が引き込まれていった。

 2曲目「intertwine」の途中でベールが開き、3人の姿が登場。yukihiroらしい細かなシーケンス主体の曲だが、CDよりもギターのテンションが抑えられ、逆にエモーショナルさが増している。acid androidのライヴにシンセのシーケンス・パートは欠かせないが、当然ながらyukihiroがライヴ用のアレンジを施しているほか、さらにKENTと山口も自らの担当パートに対してアレンジを行なっているという。CDをそのまま再現するのではなく、ライヴ用として常にアップデートを繰り返す辺りにyukihiroの尋常ならぬこだわりがうかがえる。

 「balancing doll」「imagining noises」「gamble」と続き、ダウンテンポの「pause in end」もライヴ・アレンジのシーケンスが聴ける一曲。「purification」を挟んで「swallowtail」も、イントロにライヴ用の改変が加えられている。そうした楽曲の新鮮な一面にも増して、yukihiroのステージングが独特で興味深い。MCなどは一切無く、別世界にいるような落ち着きぶりで淡々と曲を歌い続けていく。バンド・サウンドの印象としては、先述したバス・ドラムの迫力、そしてスネア・ドラムの豊かな響きによるメリハリのあるビートが心地良い。その上でギターやシンセが縦横無尽に動き回るサウンドも大いに耳を刺激してくる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング