ロックの女王・ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ、7年ぶりのニューアルバム本日発売!

okmusic UP's / 2013年12月18日 17時30分

ジョーン・ジェット (okmusic UP's)

クイーン・オブ・ロックン・ロール、ジョーン・ジェットが帰ってきた! 2006年の『シナー』以来、実に7年ぶりとなる新作アルバム『アンヴァーニッシュド』を本日12月18日に発売した。

【その他の画像】Joan Jett and The Blackhearts

2009年にはサマーソニックで圧巻のステージを披露、2011年には前身バンド・ランナウェイズの映画が公開され、さらに代表曲「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」や「バッド・レピュテーション」がテレビCMや映画主題歌等でカヴァー・ヴァージョンが幾度と無く使用され話題になるなど、今なおロックの女王の名にふさわしい存在感を放っており、新作アルバムが待と望まれていた中で満を持してのリリースとなった。

先行シングル「エニー・ウェザー」はフー・ファイターズのデイヴ・グロールとの共作で、さらにはジョーンがヴォーカルとリズム・ギター、その他の楽器をデイヴが担当。この2人だけで全てのパートをレコーディングしたという完全な2人のコラボ楽曲となっており、11月にロサンゼルスで行われた「アメリカン・ミュージック・アワード」では、2人一緒にプレゼンターとして登場したことでも話題になったばかり。また、この「エニー・ウェザー」はtvk「Billboard Top 40」の1月度オープニング・テーマに決定している。

海外盤の10曲に日本盤のみボーナス・トラック5曲を加えた全15曲を収録したこのアルバム、多彩なテーマをエッジの効いたギター・リフと気風のいいヴォーカルで聴かせる、まさにジョーン・ジェット節と言うべきロックン・ロール・アルバムだ。日本盤ボーナス・トラックには海外盤未収録の新曲の他、「エニー・ウェザー」のザ・ブラックハーツ・ヴァージョンや、「クリムゾン&クローヴァー」のライブ音源が世界初CD収録されるなど、貴重な音源が追加されている。

また、同作の発売にあわせて、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツの初期アルバム4タイトルにボーナス・トラックを追加収録した高音質・紙ジャケット仕様のリイシュー盤が同時発売となる。言わずと知れたNo.1ロック・アンセム「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」、「バッド・レピュテーション」など、世界中のアーティスト達から愛されるジョーン・ジェット流ロックン・ロールにこの機会に触れてみて欲しい。

■アルバム『アンヴァーニッシュド』

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング