「MUSIC FOR ALL,ALL FOR ONE 2013」、2日目はVAMPS・JUJUなど豪華な11組が会場を圧倒!

okmusic UP's / 2013年12月23日 13時30分

12月22日@『FamilyMart presents MUSIC FOR ALL,ALL FOR ONE 2013』 (okmusic UP's)

音楽を通じて新しい年への前向きなパワーを発信するライヴイベント「FamilyMart presents MUSIC FOR ALL,ALL FOR ONE 2013」、2日目の公演が大盛況のうちに終了した。

【その他の画像】VAMPS

2日目となる本ライヴも、フレッシュなオープニングアクトのステージからスタート!抜群のスタイルに一瞬で目を奪われた安田レイは、今年7月にリリースしたデビュー曲「Best of my Love」と、この季節にピッタリの「Let It Snow」の2曲を披露。ライヴ経験が少ないとは思えない、堂々としたパフォーマンスを繰り広げた。

続いて登場したUSAGIは、大阪のインディーシーンで人気の上田和寛と、倖田來未や乃木坂46らのヒット曲を数多く手がけるソングライター、杉山勝彦の2人組。関西出身の上田は「楽しいー!母さん、産んでくれてありがとう!」と叫んで会場の空気を和ませ、パワフルな歌声で圧倒した。

そして、たくさんの声援に迎えられ登場したのは倖田來未。まずはモノトーンのライティングの中、ダンサーと共に最高にクールなパフォーマンスで圧倒した「IS THIS TRAP?」、極彩色に照らされて妖し気な魅力を振りまいた「TABOO」の2曲を披露。目にも耳にも刺激的なステージングはさすがのひと言だ。COMPLEXのカバー「BE MY BABY」はオーディエンスのレスポンスも巻き込みながらの盛り上がり。次のパートでは心を込めて「愛のうた」と「Brave」を届け、集まってくれた観客に向けて何度も何度も手を振っていた。最後はポジティブなエネルギーに満ちた「Dreaming Now!」、みんなで声を合わせた「LALALALALA」。日本を代表するアーティストでありながら、ライヴでは常にその距離を感じさせない彼女。その笑顔が今夜もみんなをハッピーにしてくれていた。

総勢17名のキュートなサンタに扮して、ずらりと並んだ乃木坂46。1曲目の「おいでシャンプー」は鈴の音が響くクリスマス仕様にアレンジされ、スペシャル感満載の幕開けとなった。「今年も出演させていただいて本当に嬉しいです」と感謝を伝え、最新曲「バレッタ」を情感たっぷりに歌い上げる。ちょっとノスタルジックなこの曲の世界観は、初めて聴いた人たちにとっても印象深いものになったのではないだろうか。最後に歌われたのは「私たちにとって、とても大切な曲です」と紹介された「君の名は希望」。クリスマスらしくピアノ1本で歌われ、ひと足早い聖夜のムードにふさわしい歌声を清らかに響かせていた。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング