Kalafinaが3日間のクリスマスライブで5,000人のファンを魅了

okmusic UP's / 2013年12月25日 10時26分

「Christmas Premium LIVE 2013 “Kalafina with Strings”」の模様 (okmusic UP's)

女性3人組ボーカルユニット“Kalafina”のライブ「Christmas Premium LIVE 2013 “Kalafina with Strings”」が、2013年12月20日(金)東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホール、22日(日)大阪・サンケイホールブリーゼ、23日(月・祝)東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールの3日間にわたって行われた。


【その他の画像】3人のソロショットも含むライブ写真集

そこで今回は、昨年に引き続いての開催となり、3日間ともに満員で計約5,000人の観客が詰めかけたという同ライブのレポートをお届けする。なお、2014年6月26日(木)TOKYO DOME CITYY HALLにて「Kalafina “君の銀の庭” Special LIVE 2014」が開催されることも明らかに。こちらの続報については、公式サイト(http://www.kalafina.jp)をチェックしよう。

--------------------------------------------------------

■Kalafina、アコースティックなスペシャル編成でクリスマスプレミアムLIVEを開催

賛美歌やクリスマスソングといった季節感を漂わせる楽曲や、Kalafinaの普段の楽曲を、ピアノと弦のカルテットのみのシンプルなアコースティック構成でアレンジし、そこに3人の歌声と洗練されたハーモニーをより際立たせて聴かせるという今回のライブ。今年10月にリリースした「アレルヤ」のカップリング曲「dolce」の初生歌唱など、まさに“Premium”な21曲が、ファンたちへのクリスマスプレゼントとして贈られた。

3日間とも、賛美歌「In dulci jubilo」からスタート。Wakanaのハイトーンボイス、Hikaruの中音~高音、Keikoの低音が時にハーモニーを醸し出し、時にユニゾンになって、シーンと静まり返った場内に響き、一気に会場を厳粛なクリスマス色に彩る。

続いて、11月26日に発売された新曲「君の銀の庭」(『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』主題歌)を、アコースティックならではの、よりコーラスを際立たせたアレンジで披露。また、バラードな曲や、タテノリで盛り上がる疾走感にあふれたロック調の「sprinter」を、アグレッシブなストリングのみのアレンジで聴かせて観客を魅了した。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング