氷室京介、約3年ぶりのCM出演決定!CMソングは自身の手がけた新曲を起用!

okmusic UP's / 2013年12月26日 4時0分

氷室京介 (okmusic UP's)

2014年1月6日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで販売開始される「新型Golf Variant」のCMキャラクターとして、氷室京介が決定した。

【その他の画像】氷室京介

「新型Golf Variant」は実用性とスタイリッシュな外観、スポーティーな走行性能に、環境性能(燃費)を兼ね備えたジャーマン・ステーションワゴン。『+ing』というコミュニケーションコンセプトのもと、公私ともに努力と挑戦を続けて、アクティブに今という一瞬一瞬を大事に生きる“現在進行形の人"をターゲットに、さまざまな広告活動を展開していく。その一環として、30~50代からの支持も高い、日本を代表するロックミュージシャン・氷室京介をイメージキャラクターに起用し、新TV-CM「Trek+ing」篇が制作された。

ソロデビュー25周年を迎えた氷室京介は、本職のミュージシャンとしてストイックにロックを追求するのはもちろんのこと、ゴルフやフィッシング、カメラなど、プライベートの趣味にも真剣に取り組むその姿勢が今回の『+ing』というコミュニケーションコンセプトを後押しする。なお、氷室京介のCM出演は、今回が約3年ぶりとなる。

新CMでは、新型Golf Variantで颯爽とドライブし、山中の厳しい環境下で、トレッキングに取り組む氷室のオフタイムを、迫力ある映像とともに表現。常に新しいことに挑戦し、たゆまぬ努力を続ける姿と、「限界を決めない。俺は現在進行形です。」という氷室自身の生き方を綴ったモノローグを通じて、今を愉しむ大人たちにライフスタイルの豊かさを提供するGolf Variantの魅力を訴求。下山して車に戻ったところで野うさぎと出会い、思わずカメラのシャッターを切るシーンでは、普段あまり見せない“素"のリラックスした表情や微笑みも披露。緊張感のあるトレッキングシーンとは対照的に、ヒューマンでホッとするシーンに仕上がっている。

本撮影は熊本県阿蘇山の山頂周辺で行なわれた。CM冒頭のシーンが山頂で日の出を迎えるという設定上、夜中の3時に現場入りして本番開始に備えた氷室。12月という時期にしては天候に恵まれたものの、標高の高い山頂の岩山付近という場所柄、ロケ地の気温はマイナス1度以下。時折頬を撫でる風も冷たく、防寒対策をしたスタッフも機材の運搬や撮影中、何度も凍える思いをしたが、タイトな黒のトレッキングウェアに身を包んだ誰よりも軽装の氷室だけは一切「寒い」と口にしたり、寒そうな仕草を見せることなく、早朝5時から半日以上撮り続ける撮影に向けて、静かに集中力を高めていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング