倉木麻衣、フィナーレを迎えたカウントダウンライヴにて新曲初披露!

okmusic UP's / 2014年1月6日 19時30分

12月31日(火)@神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール (okmusic UP's)

2013年12月31日、倉木麻衣の年末恒例となったカウントダウンライヴが、8回目の今回で遂にフィナーレを迎えた。

【その他の画像】倉木麻衣

2013年12月8日からデビュー15周年イヤーに突入した彼女が下した決断は、いつも通りのことを当たり前にやるのではない、常に新鮮な何かを求めていく姿勢に満ちていた。その記念すべきファイナルカウントダウンライヴのオープニング、「Oh Ae Oh」の大きなLEDの文字に合わせて早くも会場一帯となっての「Oh Ae Oh」コールが起こる中、大きく拳を振り上げた倉木麻衣が登場。ライヴのために作られたようなヒットソング「一秒ごとに Love for you」で印象的に幕を明けた。

息をつく間もないまま「ベスト オブ ヒーロー」、携帯電話の着信コールから始まる遊び心溢れた演出の「State of mind」と続き、そこから「PERFECT CRIME」「Strong Heart」などメドレーで一気に畳み掛ける。アップテンポナンバーの心地よさに酔いしれたところで、「ICEFIELD」TVCMタイアップソングとしてもおなじみ、「Special morning day to you」のイントロが爽やかに鳴り響く。

“遠い未来を 素敵に思えたら
きっと 明日も 笑顔になれる”

繰り返されるサビ部分の歌詞がLEDに映し出され、会場一体となっての大合唱が始まる。オープニングとはまた違った、倉木麻衣ならではのナチュラルで心地いい雰囲気が会場をあたたかい感動で包んでいった。

この14年に感謝の気持ちを込めた倉木のナレーションと2013年の「RE:PROJECT」を振り返るような写真がLEDに映し出されてスタートした続くコーナーは「RE:ACT」と名付けられた特別なステージ。昨年伊勢神宮20年に一度の式年遷宮で行なわれた特別奉納【第62回伊勢神宮式年遷宮奉祝「TOKYO FM 倉木麻衣歌謡奉納」】で演奏されたナンバーの一部を再演したものだった。着物をイメージしたロングドレスに身を包みストリングスと共にステージに立った倉木。まずは「Secret of my heart」「Reach for the sky」などの代表曲をいつもとは違うアレンジでしっとりと聴かせ、続く「もう一度」「儚さ」を情感たっぷりに歌い上げる。そして「チャリティソングとして作りました」との言葉を挟み、9月に行なわれた自身のシンフォニックライヴ、10月に行なわれた松島での復興支援ライヴでも共演した【Tsunamiヴァイオリン】がファーストヴァイオリニストに手渡された。そしてこちらも9月のシンフォニックライヴ以来2度目の共演となるMeiを呼び込み、「あなたがいるから」の演奏が始まった。倉木麻衣真骨頂とも言えるバラードコーナーはいつにも増してその歌声が冴え渡り、そのコーナー最後はこの季節にぴったりの名バラード「白い雪」。バックの輝く雪の映像、ほのかに漂うスモークと共にふんわりあたたかな余韻を残したまま、その幕を閉じた。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング