片平里菜、新曲がTOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』の公式バレンタインソングに!

okmusic UP's / 2014年1月16日 19時0分

片平里菜 (okmusic UP's)

1月15日に待望の2ndシングル「女の子は泣かない」をリリースした福島出身・在住のシンガーソングライター、片平里菜。発売日は福島でFMへの生出演2本と郡山駅前でのライヴを行うなど、地元・福島からプロモーションをスタートした。

【その他の画像】片平里菜

極寒の中、屋外で行われたリリース記念イベントにもかかわらず多くのファンが集まり、プロモーションはいい形でスタートを切った。夜には東京に移動して、TOKYO FM系全国ネットの人気番組『SCHOOL OF LOCK!』に生出演。デビューした8月以来となる彼女のホームと言える同番組へのゲスト出演で、発売したばかりの「女の子は泣かない」について語り、 とーやま校長とよしだ教頭と共に2ndシングルの発売を喜んだ。また、『SCHOOL OF LOCK!』のスマホ版レギュラープログラム『片平LOCKS!』で、片平里菜×SCHOOL OF LOCK!企画の第2弾として実施していた、「女の子は泣かない」の歌詞の一部をリスナーから募集し、それを片平が歌う企画「歌詞里菜ライオット」の応募作品からピックアップした歌詞をその場で弾き語りで歌った。

そして、番組の終盤にまたまた新たな展開が。歌詞里菜ライオットでリスナーから送られてくるレベルの高い歌詞に触発された片平が、リスナーへの感謝の気持ちを込めたプレゼントとして新曲をCD-Rに入れて番組に持参。前日のライヴリハーサルの合間に自分のスマートフォンで録音したばかりという、まだ1コーラスしかないその曲はバレンタインの片思いをイメージして、言いたくても言えない気持ちを曲にしたという。小学校、中学校の女の子をモチーフにしてチョコレートに込めた気持ちを歌った、そのタイトルなしのデモ曲が番組で異例のオンエア。録音の停止ボタンを押す音まで入った生々しいデモ音源を、とーやま校長もよしだ教頭も大絶賛し、デモを聴いたとーやま校長が「いい! めっちゃ良いこれ!! これ、SCHOOL OF LOCK!のバレンタインソングでいいじゃん!!」と、なんとその場でその曲がSCHOOL OF LOCK!の公式バレンタインソングになることが決定した。片平もバレンタインの前までに曲を完成させて番組に持ってくることを約束し、この日の放送は終了した。

また、この日発表されたオリコンデイリーランキングでは、2ndシングル「女の子は泣かない」は初登場13位にランクイン。過去最高位となる記録で、幸先のいいスタートとなった。「女の子は泣かない」のMVはCS音楽チャンネルのMTV JAPANでも“BUZZ CLIP"として大量オンエアがスタートしている。シングルが発売され、全国でリリース記念イベントを開催する片平里菜。先日発表されたアメリカ/アナハイムでの「the NAMM show2014」でのアメリカ初ライヴや、自身初のワンマンツアーも間近に迫り、ますます注目が高まる。「女の子は泣かない」リリース記念イベントはほとんどが観覧フリーとなっているので、公式HPで詳細をチェックして、まずはその歌声を体感しよう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング