ももクロ×スフィアも実現“アニメ紅白歌合戦Vol.3”レポ

OKMusic / 2014年1月20日 22時15分

「一夜限りのユニット」を結成した、ももいろクローバーZとスフィア (okmusic UP's)

ニッポン放送の人気番組「ミュ~コミ+プラス」(月~木 24時~24時53分生放送)が贈る3回目のアニメイベント“ニッポン放送開局60周年記念 LIVE EXPO TOKYO 2014 ミュ~コミ+プラスpresents アニメ紅白歌合戦Vol.3”が、2014年1月19日(日)国立代々木競技場第一体育館にて開催された。


【その他の画像】紅組、白組それぞれでの出演者集合写真

そこで今回は、浅沼晋太郎、OLDCODEX、GRANRODEO、ヒャダイン、立木文彦、上坂すみれ、スフィア、竹達彩奈、ももいろクローバーZ、井上喜久子らが出演したほか、ももいろクローバーZとスフィアが“一夜限りのユニット”を結成し、アニメ「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000% 」のメインテーマ「マジLOVE1000%」をサプライズ披露するなど、盛り上がりをみせたという同イベントのレポートをお届けする。

--------------------------------------------------------

■ニッポン放送開局60周年記念 LIVE EXPO TOKYO 2014 ミュ~コミ+プラスpresents アニメ紅白歌合戦Vol.3

実施日時:2014年1月19日(日) 開場・15時30分 開演・16時30分
会場:国立代々木競技場第一体育館

<出演>
白組:浅沼晋太郎/OLDCODEX/GRANRODEO/ヒャダイン/他
紅組:上坂すみれ/スフィア/竹達彩奈/ももいろクローバーZ ※五十音順

このイベントは、自ら「アニメおたく」を名乗るニッポン放送アナウンサーの吉田尚記がパーソナリティを務める番組「ニッポン放送ミュ~コミ+プラス」(月~木24時~24時53分生放送)のアニメイベントで、3度目の開催となった今回も超満員・1万2千名の観客が詰め掛けた。イベントには今最も旬な声優、アーティストが集結。両軍の司会を、紅組・スフィア、白組・吉田尚記が務め、歌あり、企画あり、サプライズゲストありと、これまで以上に話題満載のイベントとなった。

イベントは、オープニングアクトで「声優界のレジェンド」井上喜久子が登場し「学園天国」を熱唱しスタート。続く白組トップバッターのGRANRODEOはアニメ「黒子のバスケ」第2期オープニングテーマ「The Other self」からライブをスタート。会場のテンションをいきなり最高潮に導いた。GRANRODEOに続いては、上坂すみれ、ヒャダインがステージを展開、それぞれの楽曲でさらに会場を盛り上げた。

続いて紅組司会も務める寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生による女性声優ユニットのトップランナー、スフィアが登場、アニメ「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。」のエンディングテーマ「Sticking Places」や、アニメ「マクロスF」のオープニングテーマ「ライオン」のカバーを含む5曲を歌い満員のファンを感激させた。

この後、浅沼晋太郎、竹達彩奈のステージに続き、白組サプライズゲストとしてアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」碇ゲンドウ役でお馴染みの声優・立木文彦が登場。自ら「新世紀エヴァンゲリオン」のテーマ曲「残酷な天使のテーゼ2009ver」を歌うという前代未聞のパフォーマンスを見せた。立木文彦は、そのままももいろクローバーZの「Z伝説~終わりなき革命~」のナレーションを生で行い、ももいろクローバーZのライブのスタートを告げる大活躍ぶりだった。

メンバー・佐々木彩夏の報道後の初ライブということでも注目されたももいろクローバーZは「ピンキージョーンズ」「Believe」などアニメソング5曲を披露。注目の佐々木は、なんとラジオの形をしたロボットの格好で「あーりんロボ」として登場。「皆さん、ご迷惑ご心配おかけしてすみませんでした。私の不注意で家で左足をぶつけて足にヒビが入ってしまい、踊ったりすることができません」とお詫びをし、歌でライブに参加。いつもと変わらぬ元気いっぱいの歌声を響かせた。

ももいろクローバーZに続き熱いステージを繰り広げた白組のOLDCODEXの後、どっきり企画で浅沼晋太郎が司会の吉田アナの体にキャンパスのごとく真っ赤なペンキをぶちまけ、会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

会場が最高の盛り上がり達したのは、最後のシークレット企画。ももいろクローバーZとスフィアが「一夜限りのユニット」を結成。アニメ「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000% 」のメインテーマ「マジLOVE1000%」を披露。お楽しみ企画とはいえ、本気で臨んだメンバー8名(※佐々木は不参加)は、両グループを担当する振付師・石川ゆみ氏のもと、特訓。一度きりとは思えない完成度の高いステージとなった。

イベントは、審査員を務めたアメリカ最大のアニメイベント「Anime Expo」CEOのMarc Perez(マーク・ペレズ)氏、ヨーロッパ最大の日本文化紹介イベント「Japan Expo」のイベント日本代表のFabrice Buon(ファブリス・ビュオン)氏らによる審査の結果、白熱の内容そのままに2対2でまさかのドロー判定。最後は観客の拍手による判定で紅組が勝利し、5時間を超える熱狂のイベントは大興奮のうちに幕を閉じた。


関連リンク:

ニッポン放送ミュ~コミ+ アニメ紅白歌合戦|ニッポン放送EVENT
⇒http://event.1242.com/anime_kohaku/

ミューコミ+プラス番組HP
⇒http://www.allnightnippon.com/mcplus/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング