the pillows、新宿ロフトにて22年ぶり一夜限りの“上田ケンジ復活ライブ”を敢行

okmusic UP's / 2014年1月21日 0時0分

1月19日@新宿LOFT (okmusic UP's)

the pillowsが結成25周年を記念して開催する『NEVER ENDING STORY』。1月19日、その一発目である『Do You Remember The 1st Movement』が、バンドにとって思い出深いライブハウス・新宿ロフトにて、初代メンバーの上田ケンジをベーシストに迎えて行われた。

【その他の画像】the pillows

KENZI&THE TRIPS解散後の上田ケンジによって、the pillowsが結成されたのが25年前。この日は上田ケンジをベーシストとして迎え、“第1期”と呼ばれる時代の楽曲を20年ぶりに演奏。アニバーサリーイヤーに相応しいレアなライブとなった。

爆弾ジョニー、シュリスペイロフと、上田、山中がそれぞれプロデュースするバンドが熱い演奏を終え、興奮と期待がピークを迎えた中、第1期the pillowsのメンバーがステージに登場。

いきなり演奏されたのは、1991年発売のデビューアルバム『MOON GOLD』の1曲目「キミがいる」。2曲目はthe pillows自体の1st アルバムである『パントマイム』から「RAZORLIKE BLUE」。この曲は山中が高校生の時に作り、上田ケンジとの出会いとなった、二人にとって思い出深い楽曲。

「22年ぶりのピロウズです」との上田のMCを挟んで、3曲目は1stシングル「雨にうたえば」。2ndアルバム『WHITE INCARNATION』から「ペーパームーンにこしかけて」。ロマンチックで、どこかthe pillowsの歴史の長さを物語るような名曲「僕らのハレー彗星」を披露した後、2度目のMCでは「22年ぶりのピロウズはどう?」との山中のフリに、「全然変わってないね、シンちゃん以外は」と笑いをとる上田。山中は「今回、全バンド札幌出身で揃えてみました」とただ一人、茨城出身の佐藤にむかって話しかけ笑いを返す。

6曲目にはインディー2ndアルバムから「巴里の女性マリー」、そして7曲目には上田のコーラスも印象的で、第一期the pillowsラブソングの代表曲とも言える「このままここで」。メンバー紹介で上田は「こんな場所に呼んでもらって嬉しい」とピロウズメンバーに感謝を伝え、山中は「上田さんが発掘した中で、今のところ1番成功した山中さわおです」との温かいMCで会場を暖かい雰囲気に包む。

そして観客も全て巻き込んだエナジーコールで25年前にタイムスリップしたかのような盛り上がりを魅せた「エネルギー」。「WANT TO SLEEP FOR」、「サリバンになりたい」で、ロフトは完全にあの頃の燃えるような盛り上がりをみせる。本編最後は「さよなら 第三惑星」。山中さわおの生き様、the pillowsの25年を物語るようなラストソング。興奮に確かな印象をプラスし本編を終える。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング