DIR EN GREY、通算27作目のシングル「SUSTAIN THE UNTRUTH」がついにリリース!

okmusic UP's / 2014年1月22日 16時0分

DIR EN GREY (okmusic UP's)

1999年1月、シングル3作を同時発売という異例のリリース形態でメジャー・デビューを飾ったDIR EN GREY。それからちょうど15年を経た今、通算27作目にあたる最新シングル「SUSTAIN THE UNTRUTH」が世に解き放たれようとしている。彼らの新音源の登場は、昨年4月に発表されたミニ・アルバム、『THE UNRAVELING』以来となる。

【その他の画像】DIR EN GREY

この最新曲に触れたとき、まず耳につくのは、ヘヴィにたわむ特徴的なギター・サウンドによるリフの洪水だろう。が、いわゆるエクストリームなヘヴィネスとも違えば、めまぐるしい展開で畳みかけてくるわけでもなく、空間が豊富に残されている。しかも聴き終わってみれば、何よりもヴォーカル・メロディが印象に残るという摩訶不思議さ。とはいえ彼らはこの楽曲において、新機軸のサウンドを発明しようとしたわけではない。むしろ今現在の5人にとって、いちばんリアルで等身大の音がここにあるのだ。楽曲のタイトル自体は“不実を継続する"といった意味合いに解釈できるが、この音に“嘘"は感じられない。

この「SUSTAIN THE UNTRUTH」を制作にするにあたり、彼らはまず“5人で実際に音を合わせてみる"という、実にロック・バンド然としたプロセスを設けたのだという。従来、何よりも楽曲の練り込みを重視しながら、緻密なスタジオワークを重ねてきた彼らだが、それゆえに“新曲を実際に5人で演奏するのは、ツアーを控えたリハーサルの際"ということが多々あったのだという。そして今作は、それとは真逆の発想で、いわばレコーディング経験のないバンドが顔を突き合わせながら曲を編んでいくのと同様の方法論に基づきながら構築されてきた。というか、むしろその“構築"という過程を極限まで削除することで生まれたのがこの楽曲ということになるだろう。実際、どのようにしてこの表題曲が生まれてきたかについては、このシングルの完全受注生産限定盤と初回生産限定盤に付属しているDVDに収録されたレコーディング風景からもうかがい知ることができる。

この特徴的かつ画期的な楽曲のミックスを手掛けているのは、ベン・グロッセ。DISTURBEDやALTER BRIDGE、MARILYN MANSON、THIRTY SECONDS TO MARSをはじめとする、さまざまなアーティストの作品に関わってきた人物だ。こうした仕事歴からも察することができるように、ヘヴィネスと空間的な広がりを共存させ、バンド・サウンドのなかでヴォーカルの存在感を際立たせる手腕には定評がある。DIR EN GREYとの関わりは今回が初となったが、相性は抜群と言っていいだろう。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング