SEKAI NO OWARI、お台場フリーライブに1万4000人!

okmusic UP's / 2014年1月26日 17時0分

1月25日@東京・ダイバーシティ東京プラザフェスティバル広場 photo by Yosuke Kamiyama (okmusic UP's)

SEKAI NO OWARIが1月25日に東京・ダイバーシティ東京プラザフェスティバル広場にてフリーライブ「SEKAI NO OWARI Free Live for Snow Magic Fantasy in 2014」を開催。2ステージそれぞれで7000人、計1万4000人の観客を集め、冬のお台場にひとときの幸せな空間を現出させた。

【その他の画像】SEKAI NO OWARI

1stステージでは、会場を埋め尽くしたオーディエンスに降り注ぐように「スターライトパレード」のメロディが流れ始めると、早くもあちこちから悲鳴のような歓声が湧く。続いてメンバー4人がステージに表れ、そのまま1曲目として「スターライトパレード」をプレゼントした。また2ndステージでは、なんとメンバーが観客エリアの前方と後方の中間にある通路付近から登場。後方のファンの前をゆっくりと歩いて挨拶するサプライズプレゼントに、観客はライブスタート前から大興奮に包まれた。

Nakajin(Leader, Sound Produce, G)の「皆さん今日は集まってくれてありがとう! 後ろもありがとう!良かったら一緒に歌ってください!」という挨拶から「虹色の戦争」へ。曲後半の大サビでは、恒例となったFukase(Vo)の「歌える?」という問いかけに大声の合唱で答えるオーディエンス。ワンマンライブのような豪華な始まりに、通りがかった人たちも思わず足を止めて見惚れていた。

1stステージではSaori(Piano, Show Produce)のシリアスなピアノが映える「Death Disco」を、2ndステージではダークテイスト全開の「Love the warz」を披露したのちのMCでは、Nakajinが「今日が2014年初ライブなんです。明けましておめでとうございます」と改めて挨拶。またSaoriが「今、4月から始まるツアー『炎と森のカーニバル -スターランド編-』の演出を一生懸命考えてるんですが、今度は“炎と森のカーニバルに危険が迫る”というテーマで考えているんです。なので皆さん筋トレをしてきてください」と話し、しばし場をなごませた。

そして、あいにく風邪を引いてしまったFukaseが冗談まじりに「次の曲はサビの音が高くて(今の体調だと)出ないから、代わりにみんなで歌ってください」と言い、「RPG」へ。その言葉どおり、サビに差し掛かるとファンが大きな声で合唱しFukaseをサポートした。さらに新曲「スノーマジックファンタジー」のイントロが聴こえるとこの日一番の歓声が響く。JR東日本の冬のキャンペーン「JR SKISKI」のCMソングとして絶賛オンエア中のナンバーであり、去る1月22日にリリースされたばかりのシングル曲を、オーディエ
ンスはじっくりと堪能していた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング