ミリオンセラーコンピシリーズ『Free Soul』にキリンジ登場

OKMusic / 2014年1月31日 15時0分

キリンジ (okmusic UP's)

結成17年目の昨春、NHKホール公演をもって堀込泰行が脱退したため、兄弟バンドとしての歴史に終止符を打ったキリンジ。人気コンピレーションシリーズ『フリー・ソウル』からSUBURBIAの橋本徹が選曲・監修を担当した『フリー・ソウル・キリンジ』がリリースされる。

【その他の画像】キリンジ

本企画の発端となった橋本徹は『フリー・ソウル』のプロデュースをはじめ、洋邦問わずジャンル・時代を超えて世の中のグルーヴィー&メロウで良質な音楽を紹介し続ける“シブヤ系"と呼ばれるカルチャーの火付け役の1人で、90年代から現在に至るまで音楽カルチャーに絶大な影響を与え続けている。

本作は、数々の名曲を残してきた彼らのオリジナルアルバムからの選曲にとどまらず、シングル発売のみの楽曲、セルフカバーアルバムや堀込兄弟それぞれのソロアルバムからのナンバーも収録され、旧来のファンにとっても興味をそそられる選曲となっている。「エイリアンズ」「Drifter」といった代表曲はもちろん、「これぞ“Free Soul"セレクト」と唸るような隠れた名曲も散りばめられている。

現在弟の堀込泰行はソロアーティストとして、兄の堀込高樹は新生KIRINJIとしてそれぞれの活動をスタートしている。

■アルバム『フリー・ソウル・キリンジ』

2014年4月2日発売
COCP-38455–6/¥2,500(税抜)
<Disc1>
01.今日も誰かの誕生日(2007)
02.野良の虹(1998)
03.君の胸に抱かれたい(2000)
04.恋の祭典 (1999)
05.雨を見くびるな(1998)
06.かどわかされて(1998)
07.まぶしがりや(2002)
08.愛のCoda(2004)
09.YOU AND ME(2004)
10.君のことだよ(2008)
11.冬来たりなば(2005)
12.燃え殻(2005)
13.Drifter(2001)
14.エイリアンズ(2000)
15.スウィートソウル(2004)
<Disc2>
01.グッデイ・グッバイ(2000)
02.きもだめし(2013)
03.ブラインドタッチの織姫(2004)
04.朝焼けは雨のきざし(2008)
05.雨は毛布のように(2001)
06.双子座グラフィティ(1998)
07.十四時過ぎのカゲロウ(2004)
08.ナイーヴな人々(2013)
09.バターのように (2012)
10.Love is on line(2006)
11.空飛ぶ深海魚(2010)
12.ダンボールの宮殿(1999)
13.ブルーバード(2006)
14.いつも可愛い(2012)
15.荊にくちづけを(2012)
16.サイレンの歌(2000)

■今作発売に寄せて―橋本徹(SUBURBIA)

“フリー・ソウル・キリンジ"選曲の話をいただいたときは、不意のオファーに驚くと共に、これは凄いコンピができるぞ、と胸の高鳴りを抑えることができませんでした。
と同時に、どうやって80分に絞りこもう、という嬉しい悩みも生まれましたが、最初の打ち合わせで、やはり決定版ということで2枚組に、という話になり、全ての作品を聴き返しながら、思う存分てらいなく、ストライクゾーンに渾身のストレートを投げ込むつもりでセレクトしていきました。
ど真ん中直球勝負を心がけたのは、改めてキリンジの魅力が多くの音楽ファンに伝わればという思いからです。曲順決めも、極めてスムーズでした。自分自身が聴きたいように並べるという感じで、オファーをいただいたときの胸の高鳴りをそのままパッケージできたことが、選曲の説得力につながっていると思います。

やはり待ち望まれた顔合わせなのか、すでに自分の周りの音楽仲間たちの期待と興奮は沸点に達し、熱心なキリンジのファンからも多くの反響が寄せられていますが、「冬来たりなば」(堀込高樹)や「燃え殻」(馬の骨)といったソロ名作を収録できたのも嬉しく、レーベルの枠を越えて僕のベスト・セレクションを実現してくれた関係者の皆さんには、ただただ感謝です。そして何よりも堀込兄弟、いつも素晴らしい音楽を本当にどうもありがとう!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング