卒業生にサプライズ! ET-KINGが徳島の高校予餞会に出演!

okmusic UP's / 2014年2月2日 18時0分

1月31日(金)@徳島県立城北高校の予餞会 (okmusic UP's)

ET-KINGが1月31日(金)、徳島県立城北高校で行われた予餞会にサプライズ出演を果たした。

【その他の画像】ET-KING

在校生によるダンス披露、校長のスピーチ、高校3年間の思い出のスライド上映の後、休憩を挟んで14時30分頃。生徒の『私たち生徒会も聴かされてないシークレットのライブがあります!』のMCが告げられ体育館舞台の緞帳が下りると、そこに並んでいるのはET-KINGのメンバー7人。このサプライズに場内は騒然。怒号と共に生徒が一斉に舞台に向かって駆け寄ってくる。

『愛しい人へ』『男は気持ちを伝えたい』と2曲立て続けに演奏し、イトキンが『改めまして大阪から来ましたET-KINGです。今日は呼んでくれてありがとう!』と挨拶。続いて、卒業式にちなんでと歌ったのは『サクラサク』。4曲目の前には『高校の3年間は凄く大事。ここで出会った友だちは喜びや悲しみを分かち合う仲間になる。これから歌う曲はそんな仲間の為に作った曲です』とイトキンから卒業生に向けてメッセージを込め『さよならまたな』を披露し、タオルを振り回すパフォーマンスでお馴染みの『晴レルヤ』で本編は終了。

このサプライズ予餞会は、自身もET-KINGファンの野球部顧問の先生の尽力による。事前に実施したアンケートで、予餞会にライブのリクエストがいちばん多かったため、先生が知人を通じてET-KINGのスタッフに依頼し、まさかの来校が実現した。

そんな先生たちの尽力に報いたいという気持ちも有ったのか、アンコールに迎えられ再びステージに現れたメンバーは、ここでちょっとな粋な計らいをする。イトキンの呼びかけで、3年生担当の先生と校長を舞台に呼び込み、卒業生へのメッセージを一言ずつ貰ったのだ。先生たちをそのまま舞台に残し、全員で肩を組みながら一緒に2007年にリリースした6枚目のシングル『ギフト』を歌う。サビ・パートの『一生 忘れられないよ ずっとずっと 大事な贈り物/一生 忘れられないよ きっときっと こいつは宝物』では、メンバーに、先生、全生徒が一体となって歌う感動のフィナーレとなった。まさに城北高校の生徒に取って“一生 忘れられない贈り物"になった事であろう。

今年で結成15周年を迎えるET-KINGは、3月16日から始まる全国ツアーをもって活動休止する。今回卒業生を送ったETのメンバー、今度はファンに送られていったんグループ活動を“卒業"する形となる。結成15周年記念の全国ツアーのチケットは、2月8日(土)より一斉発売される。 気になる方はご確認を。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング