“マグマロック”を掲げるテスラは泣かない。が東京で初の自主企画ライヴを開催!

okmusic UP's / 2014年2月13日 19時0分

2014年2月12日(水)@下北沢SHELTER (okmusic UP's)

2013年11月30日にメジャーデビューを発表した“テスラは泣かない。”。そんな彼らが東京で初の自主企画ライヴ「Tell me how to CRY #1」を、2月12日(水)下北沢SHELTERで開催した。

【その他の画像】テスラは泣かない。

鹿児島を中心に活動してきた彼らにとって、意外にも今回が東京では初の自主企画ライヴ。メンバーが登場し、村上学(Vo&Gt)の「皆さん準備はいいですか?今日は最後までどうぞよろしく!」というMCとともに約250人の観客からは大歓声が上がった。1曲目は彼らの代表曲のひとつである「cold girl lost fiction」からのスタート。その後は「fuga」「イムソン」と会場の熱気は急速に上昇していく。

そして、続く「Calico」が終了した後のMCで村上より「ここで大切なお知らせがあります。僕ら、4月23日にメジャーデビューシングルをリリースします!今日は、僕らの自信作であり、新たな扉を開けたと思える曲をここで披露しようと思いますがいいですか?」とメジャーデビューシングル「Lie to myself」の詳細が発表された。本作はサウンドプロデュースにミト(クラムボン)を迎え、表題曲として「Lie to myself」、カップリングには「アンダーソン」、そして「LIVE Track at Shimokitazawa SHELTER 2014.2.12-Official Bootleg-」としてこの日のライヴ音源が入って、なんと500円のワンコインシングル。新曲はTFM『RADIO DRAGON』で2月18日(火)に初解禁となる予定だ。

本編ラストには、村上が「今日は本当に来てくれてありがとうございます。僕たち、東京でライブをするようになってまだ2年ぐらいだけど、少しずつ前に進んでいる気がしてうれしいです。残り2曲で僕たちが鹿児島から持ってきたマグマロックを噴火させて、下北沢をマグマロック一色にしようと思います!いいですか?」とここまでの道のりを振り返りながら意気込みを述べ、ライヴの定番曲となっている「アンダーソン」のイントロが始まるやいなや観客の盛り上がりは最高潮に達した。

鹿児島在住のため、象徴である桜島をイメージし、自らの音楽を“マグマロック"と称する彼ら。今作サウンドプロデュースを担当したミトからは下記のようなコメントが寄せられている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング