秦 基博、音と映像が融合したスペシャルライブが映像化

OKMusic / 2014年2月15日 12時0分

12月18日(水)@パシフィコ横浜 国立大ホール (okmusic UP's)

秦 基博が2013年12月に開催し、神戸と横浜で2会場4公演、1万2000人を動員したスペシャルライブ『Hata Motohiro Visionary live 2013 -historia-』をBlu-ray&DVD化! 4月30日に発売することが決定した。

【その他の画像】秦 基博

本作は、12月18日に行われたパシフィコ横浜国立大ホールでのファイナルの模様を収録したもので、「キミ、メグル、ボク」「朝が来る前に」「アイ」「エンドロール」「Dear Mr.Tomorrow」「Girl」など、秦のMVを多数手掛ける映像作家・島田大介とのコラボレーションで話題を集めた。アジア、ヨーロッパ、アメリカの要素が混沌と混ざる1920年代の上海租界の時代背景をテーマに、一人のフォトジャーナリストが過去にみた踊り子の少女を探しに工業地区にやってくる所から始まり、舞台はまるで絵画や映画や演劇を見ているかのようにその世界の中へ引き込まれてゆくという、まさに「Visionary live」と呼ぶにふさわしい魅惑的なステージを展開。全編にプロジェクションマッピングを取り入れ、美しい映像とコンセプチュアルな美術、そして秦のパフォーマンスが融合した幻想的な構成となっている。

Blu-ray初回生産限定盤は、「Girl」など島田監督が手掛けたMV収録のボーナスディスク(収録曲数未定)が付属されるほか、『Visionary live 2013 -historia-』をひも解くスペシャルブックレットを付属した豪華パッケージ仕様となる。WOWOWではこれに先駆け、2月21日20時より「“Signed POP"TOUR 2013」を、21:30より「秦 基博スペシャルライブ in パシフィコ横浜」をオンエアする。

また、4月23日には2014年第1弾となるニューシングルのリリ-スも発表。同作では初の試みとして「GREEN MIND 2014ライブチケット+CDシングル」のバンドル販売も実施し、2月15日より「uP!!! auスマートパス」及び「チケットぴあ」にて「チケット+CD」の先行受付を行う。

■リリース情報

Blu-ray&DVD『Hata Motohiro Visionary live 2013 -historia-』
2014年4月30日発売
【Blu-ray初回生産限定盤】
AUXL-20~21/¥8,000(税抜)
■DISC1:ライブ映像本編
■DISC2:MV集
【Blu-ray通常盤】
AUXL-22/¥6,300(税抜)
【DVD通常盤】(初回仕様あり)
AUBL-45/¥6,000(税抜)
<収録予定曲>
01.Hello to you
02.やわらかな午後に遅い朝食を
03.今日もきっと
04.青い蝶
05.初恋
06.アゼリアと放課後
07.Girl
08.メトロ・フィルム
09.Dear Mr.Tomorrow
10.Lily
11.dot
12.言ノ葉
13.グッバイ・アイザック
14.花咲きポプラ
15.パレードパレード
16.スプリングハズカム
17.自画像
18.綴る
19.風景
~アンコール~
20.アイ 21.ドキュメンタリー

シングル「タイトル未定」
2014年4月23日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
¥2,300(税抜)
※特典ライブ DVD『BEST OF GREEN MIND 2008~2012(仮)』
「GREEN MIND」ライブ映像のアーカイブからベストセレクション
【通常盤】(CD)
¥926(税抜)
【ライブチケット+CDセット】
¥6,500(税込)
※「uP!!! auスマートパス」及び「チケットぴあ」での先行販売になります。

■「Hata Motohiro presents an acoustic live “GREEN MIND 2014"」

4月30日(水)   フェスティバルホール
5月01日(木)   フェスティバルホール
5月04日(日・祝) よこすか芸術劇場
5月06日(火・祝) サンポートホール高松
5月11日(日)   札幌市民ホール
5月15日(木)   福岡市民会館
5月17日(土)   広島 上野学園ホール
5月23日(金)   秋田市文化会館 大ホール
5月25日(日)   市民会館崇城大学ホール
5月30日(金)   東京エレクトロンホール宮城
5月31日(土)   新潟県民会館
6月04日(水)   大宮ソニックシティ 大ホール
6月08日(日)   名古屋国際会議場 センチュリーホール
6月11日(水)   NHKホール
6月12日(木)   NHKホール
6月18日(水)   フェスティバルホール
6月19日(木)   フェスティバルホール

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング