家入レオ、最新MVでジャングル大帝レオとコラボ

okmusic UP's / 2014年2月18日 14時0分

「a boy」MV場面写真 (okmusic UP's)

家入レオの2ndアルバム『a boy』より、タイトルトラック「a boy」のMVが公開された。

【その他の画像】家入レオ

今作では「ジャングル大帝」の“レオ"と家入レオのコラボレーションという、「レオ×レオ」の共演が実現。 手塚プロダクション・スタッフによって書き下ろされた、家入をイメージしたそのキャラクターが、ジャングルやサバンナを旅しながら「ジャングル大帝」にも登場するお馴染みのキャラクターたちとの出逢いを通して成長を遂げていく様が、アニメーション部分と家入が登場する実写部分の二つの軸で描かれている。今回は、手塚プロダクションを代表するアニメーター・西田正義が描きおろし制作を担当。アニメーションパートと実写の融合作業は、映像ディレクターの伊藤ガビンが務めた。

このコラボレーションは、家入の記事を偶然見つけた手塚プロダクション・スタッフが、"「レオ」という名前の由来が、彼女が大好きな映画「レオン」から、きりっとした彼女の目がライオンに似ていることで「ジャングル大帝」のレオから、その2つをヒントに名付けられた"ことを知り、家入サイドへオファー。デビューまでの歩みやその歌詞に込められた魂に、「キャラクターの世界観が重なる」と感じた両サイドのスタッフは、「a boy」の歌詞の世界観が、"外の世界に心を閉ざしていたある若者が、自身のその暗闇のような迷路の中で出逢った人達のぬくもりや優しさを感じ、少しずつ心を開いていくことで、弱かった自分自身から逃げるのではなく、弱い自分を認めることで強くなっていく様、大人に向かっていく様…そんな、大人への成長段階で誰もが少なからず経験する成長の様を描いたもの" であったことから、今回の企画が立ち上がった。

なお、MVフルバージョンは、初回限定盤DVDにのみに収録される。

■「a boy」MV
http://www.youtube.com/watch?v=FUShEc6FqBE

■手塚プロダクション・湯本裕幸(チーフ・プロデューサー)コメント

マンガの「ジャングル大帝」のレオは、皆さんご存知のように3世代の物語なんですが、真ん中のレオが子供から大人へと成長するストーリーが今回の家入さんの楽曲「a boy」と見事にかぶって、ひとつの作品が生まれることとなりました。
家入レオさんと「ジャングル大帝」がひとつになることで何か素敵な化学反応が起こるんじゃないか?そんな期待とともに、家入さんのファン、手塚治虫ファン、どちらの反応もとても楽しみです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング