きゃりーぱみゅぱみゅがレコ発イベントで合同卒業式開催!

okmusic UP's / 2014年2月26日 12時0分

2月25日にSHIBUYA-AXにて『きゃりーぱみゅぱみゅ学園 合同卒業式』開催 photo by 石井亜希 (okmusic UP's)

2月25日にSHIBUYA-AXにて、きゃりーぱみゅぱみゅ8枚目のシングル「ゆめのはじまりんりん」の発売を記念した「きゃりーぱみゅぱみゅ学園 合同卒業式」が行われた。


【その他の画像】きゃりーぱみゅぱみゅ

26日リリースの「ゆめのはじまりんりん」は、新生活目前の旅立ちへの不安や期待の気持ちを歌う、これからの卒業式シーズンにぴったりのナンバー。会場入口には卒業式の立て看板、ステージ上にはきゃりーぱみゅぱみゅ学園の校章旗や演台が設置され。さらに紅白幕ならぬピンクと白の“桃白幕"で壁が飾り付けられるなど、ライブハウスがさながら卒業式の体育館と化した。

客席には約12,000件の応募の中から抽選で選ばれた学生のみ600人が集結。学校のチャイムが鳴り響き、「起立、礼、着席」の挨拶の後、集まったオーディエンスのの「きゃりーー!!!」という呼び込みでいよいよきゃりーが登場。「ゆめのはじまりんりん」MVで着用していたオリジナル制服風衣装をまとって「なんだこれくしょん」をパフォーマンスし、そのまま「インベーダーインベーダー」「もったいないとらんど」を立て続けに演じた。

そして「こんばんは!きゃりーぱみゅぱみゅです。学生限定イベントは初めてで、とても楽しみにしていました!」と改めて挨拶。新曲「ゆめのはじまりんりん」を披露した。集まった多くの卒業生へのはなむけ代わりに、スクリーンに歌詞が映しだされた。

ライブ終了後、再び「起立、礼、着席」の挨拶後、スーパー生徒会長きゃりーが登壇。「高校では、授業にはいい思い出がないけど、卒業式では友達と離れるのがさみしくて、式が終わってから教室で泣きました。」「3年目になる一人暮らしは、最初は不安がいっぱいだったけど、いつでも怒られずにコンビニにいける!自由にできる!」とエールと送った。

さらに、入場前に配布されたアンケートから、きゃりー生徒会長の心に響いた回答を記入した学生5名に、きゃりーが直筆で名前を書いた卒業証書を手渡しで授与。ミュージカルスターを目指している子には「緊張しないように、お客さんみんなじゃがいもだと思ったらいい!」、まだ夢が決まってい子には「私も原宿でスナップされたことがきっかけで人生が変わりました。人生何があるかわかりません!夢は突然あらわれることもあります!」と、きゃりーらしい応援のメッセージをなげかけていた。

「3年前に高校を卒業して、あっという間に大人になってしまったんだなと実感しています。高校から派手な格好が好きで街を歩いてたら『変な子がいるよ』と笑われることもありました。でもその好きだったことが今こうしてお仕事となり、いろんな人が応援してくれています。だからみんなも自分が思ったことは貫いてほしいです。」と集まった学生に想いを語り、「合同卒業式」の幕は下りた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング