FACT、ニューアルバム収録曲「miles away」MV解禁!

okmusic UP's / 2014年2月26日 19時0分

FACT (okmusic UP's)

新メンバーAdam加入後初となる約2年ぶりのフル・アルバム『WITNESS』を3月5日に発売するFACTが、同作の収録曲「miles away」のMVを公開した。

【その他の画像】FACT

第1弾の新曲「disclosure」は、オフィシャルYouTubeチャンネルで、各楽器パート別映像から徐々にアップされ、その動画をミックスしてファンが自ら曲を完成させていくというインタラクションな手法で発表された。さらに、そのMVは、YouTube動画と15周年特設サイトが連動して初めて完成するというこれまでにない発想で制作され、まるで自分のPCがジャックされたかのような新感覚が各方面で大きな話題を呼んでいる。

第2弾の新曲となった「drag」のリリック・ビデオをはさみ、本日YouTubeで公開となった第3弾発表の最新曲「miles away」は、タワーレコード全店や一部のHMVに行くと、スマホのアプリ『PICTURE READER』を利用してMVの先行視聴が行なえるという新たな企画によって発表されていた。テレビやYouTubeでのビデオ解禁ではなく、レコード店にいるリスナーから最初に解禁するというスタイルがこれまた話題となったが、その映像自体にも驚きの声が上がっている。

2009年春、全米デビュー盤がリリースされる当日、約50カ所を回る北米ツアー中だったFACTは、フリーウェイを逆走してきた車と衝突し、ツアーバンが大破するという大事故に遭遇した。Eijiが腕を骨折する重傷で、カナダ公演は全てキャンセル、その後、夏のUKのフェス出演までは活動休止に追い込まれる事態となった。今回の作品は、その大事故を連想させるものとなっており、メンバーの大きな傷に踏み込んだ作品となっているのだ。

長らくライヴ集客が100人にも満たなかった頃の姿や、やっとチャンスをつかんだ矢先の交通事故、その後、結成10年目にしてやっと注目を浴びるまで、その道のりは決して平坦なものではなく、むしろ、試練の方が多かった彼ら。ここ最近のアルバムは2作連続してTOP10入りを果たし、フェスでもメイン・ステージへの出演やトリを飾ることも少なくない名実共に人気バンドとなった今も、一つのシーンに留まらず、リリースごとに楽曲を変化させることで知られており、自身もそれを意図してきたと発言していることから、決して過去にとらわれるようなバンドではない。今回のビデオに登場する回想シーンには、大きな会場に溢れんばかりのオーディエンスなどいわゆる成功体験は一切収められていない。トラウマになっていてもおかしくないネガティヴな過去の最たる象徴である事故をモチーフに、あえて、彼らの苦しい過去と今の彼らがただ歩く姿をリンクさせた映像にすることで、逆説的にFACTが持つ意志を表現しているのだ。15周年というメモリアル・イヤーに発売するアルバムのパイロット・ソングという位置付けで発表された「miles away」の歌詞に込められた『今いる場所、今現在、この瞬間を生きろ』という苦境を乗り越えた彼らならではの強い想いが表れたMVになっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング