SCANDALの新曲「Rainy」が映画『シャドウハンター』の日本版イメージソングに決定

okmusic UP's / 2014年2月28日 11時0分

SCANDAL (okmusic UP's)

SCANDALの新曲「Rainy」(発売未定)が4月19日(土)より、新宿ピカデリーほか全国で公開の映画『シャドウハンター』の日本版イメージソングに決定。SCANDALが洋画に楽曲提供するのは、これが初になる。

【その他の画像】SCANDAL

『シャドウハンター』は全世界で2200万部を突破したベストセラー小説の映画化で、ファッショニスタとしても注目を集めるリリー・コリンズが主演し話題となっている。

今回の書き下ろし楽曲「Rainy」の作詞を担当したRINA(Dr&Vo)は「自分も知らなかった自分のパワー。何かのきっかけで思いもよらない力が発揮できる時ってあると思います。映画のストーリーにインスピレーションを受けながら、葛藤を繰り返して、次のステージに進もうとする人の背中を押せるイメージで書いていきました。サビはバンドらしい掛け合いの部分を作りたくて、スタジオでメンバーとセッションしながら作りました。ライブではお客さんと一緒に叫ぶのが楽しみです!とてもパワフルな曲に仕上がりました!」 とコメントをよせている。

聴けば元気になれること間違いなしのアップテンポの新曲「Rainy」は、映画『シャドウハンター』と共に、2014年注目作になることは間違いない。

そんな新曲「Rainy」が使用されている予告編も『シャドウハンター』オフィシャルHPから見ることができるので、映画の詳細も含め『シャドウハンター』公式HPをチェックしよう。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング