T-BOLAN、4月26日の渋谷公会堂公演を最後に活動休止

okmusic UP's / 2014年3月9日 7時0分

T-BOLAN 森友嵐士 Photo by 田中聖太郎 (okmusic UP's)

T-BOLANが4月26日に渋谷公会堂でライブの追加公演を行う事を発表! また、その公演を最後に活動を休止する事を発表した。

【その他の画像】T-BOLAN

4年間で1700万枚というセールスを記録した伝説のバンドT-BOLANがステージから姿を消したのは1995年3月、旧:大阪厚生年金会館(現:オリックス劇場)。以後、ヴォーカル森友嵐士の心因性発声障害をきっかけに1999年に解散。空白の13年を乗り越え2012年復活を宣言。ラストライブとなってしまった大阪オリックス劇場に戻ってきたのは実に19年ぶりとなる。

待ちに待ったライブのレアチケットを手にすることができたファンの前に映し出される映像。上映されたばかりのドキュメンタリー「T-BOLAN THE MOVIE 〜 あの頃、みんなT-BOLANを聴いていた 〜」のワンシーン。山中湖で復活を誓い合い、今日のライブにかける想いを共有し合ったメンバーミーティングの場面だ。 スクリーンの中でヴォーカルの森友嵐士がこう話す。「山中湖で探していたピースは、今の時点では3月のライブ。それはT-BOLANの挑戦でもあるし、T-BOLAN復活をきっかけに自分たちの力にかえてゆくスタート。13年間置き去りにしたワンピースをステージの上でぶちかましにいきますか」とメンバーがスクリーンから消えると、もう、これ以上待ちきれないといった顔の観客の前に幕が振り落とされライブが始まった。

1曲目は、ライブでも定番であった「Only Lonely Crazy Heart」。続いては、ライブでは初披露となる「Be Myself」。最初からファンは総立ちとなり、会場は興奮のるつぼに、そして瞬く間に1990年代へとタイムスリップした。最初のMCで森友が「LIVE HEAVEN!〜 Back to the last live!! 〜へようこそ!19年ぶりだよ。19年ぶり。こんな日がくるとは思っていなかった」と話すと、会場からは「お帰りなさい!」「待ってたよ!」と長く場外まで響く拍手が続く。さらに、デビュー曲の「悲しみが痛いよ」、ミリオンセールスとなった名曲「Bye For Now」などヒット曲が続き、「一曲一曲聴くとその時のことを思い出すでしょ?音楽は面白いよね。みんなもそうでしょ?」と会場が一つになったのを確かめた。

そして、 「愛のために 愛の中で」、「LOVE」、「離したくはない」など、彼らの魅力でもあるバラードが続き、改めて4人を見つめなおしてみる。森友のカリスマ的な存在感と胸を鷲掴みにするような切ない声、いつも太陽のような笑顔でパンチの効いた演奏が魅力的なドラム青木和義、ハイトーンなコーラスと色気溢れる音色を出すギター五味孝氏、寡黙ながらも存在を主張するベースの上野博文。空白の時間など微塵も感じない。むしろ充分に時を重ねて熟成されているではないだろうか。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング