SCANDAL、主催イベントにて赤い公園&ねごとと一夜限りのコラボが実現!

okmusic UP's / 2014年3月17日 20時0分

3月16日@SHIBUYA-AX (okmusic UP's)

SCANDALが主催イベントにて、赤い公園とねごとと一夜限りの最強ガールズバンドを結成し、新曲を披露した。

【その他の画像】SCANDAL

今回で5回目となるSCANDAL主催イベント「バンドやろうよ!!Vol.5」。年内でAXが閉館することもあり、この日がSCANDALにとってはAX最後になるということで、今回はいつもの対バン形式ではなく思い入れのあるこの会場で長くパフォーマンスをしたいとの思いから、ワンマンライヴとなった。

オープニングアクトには、昨年12月に実施された「第4回SCANDALコピーバンド/ヴォーカリストコンテスト」のファイナルで、応募総数550組の中からグランプリとなった久留米発のKANIKAPILA(カニカピラ)というアマチュアバンドが出演。SCANDALに憧れている少女たちが、大舞台にも臆することなく550組の頂点らしいパフォーマンスを披露した。

そしてSCANDALのメンバーが登場すると、会場には待っていました!と割れんばかりの歓声が響く。HARUNA(Vo&Gu)の「みんな会いたかったよー! ここにいるみんなで最高のライヴにしようぜ!」という一声でスタートをきった一曲目は、2月にリリースしたT.M.Revolutionとのスプリットシングル「Runners high」! 一曲目から最新曲の披露ということもあり一気に会場のボルテージはマックスに。続けて、HARUNAとTOMOMI(Ba&Vo)の掛け合いが印象的なナンバー「LOVE SURVIVE」や、MAMI(Gu&Vo)の印象的なギターリフから始まる「会わないつもりの、元気でね」のパフォーマンスなどで会場は一気にヒートアップ。勢いあるナンバーが連発され、メンバーの演奏で感情をわしづかみにされた会場がひとつになってうねっていくような盛り上がりとなっていく。

「今日は沢山スペシャルな事をやろうと思って、次はカバーをやります。次にカバーするバンドさんはずっと呼びたくて呼びたくていつか出て欲しいな、という思いをこめてやろうと思っています。」というHARUNAのMCの後、TOKIOのカバーを披露。「宙船」などのTOKIOメドレーに会場は大いに盛り上がった。

そして、「以前、赤い公園とねごとと3組で対バンイベントをやったのですが、今日はその中からゲストを2人、呼びたいと思います!」というHARUNAの紹介で、赤い公園からギター・コーラスの津野米咲、ねごとからギターの沙田瑞紀という双方のバンドでも楽曲を多く手掛け活躍するふたりが呼び込まれた。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング