THE ALFEE、約40年の時を経て母校・明治学院大学を名誉卒業

okmusic UP's / 2014年3月19日 14時30分

THE ALFEE名誉卒業式 (okmusic UP's)

創立150周年を迎える明治学院の記念行事として、THE ALFEEが3月18日に名誉学士の称号を授与され、名誉卒業した。明治学院大学の歴史で初めての名誉学士の称号授与式でもある。

【その他の画像】THE ALFEE

THE ALFEEの3人が出会い結成し、デビューへの道のりを語るには絶対に欠かせない明治学院大学を約40年たった今卒業できたメンバーは心から喜んでいた。在学中にデビューが決まり、中退や除籍等卒業をすることができなかったメンバーだが、卒業後も島崎藤村作詞の校歌のアレンジをし歌ったり、学園祭に出演したり、重要文化財である記念館の修復に貢献するなど母校愛は誰よりも強かったのだ。

抽選で招待されたファン100人、THE ALFEEの後輩となる明治学院大学 在校生100人が待つチャペルに通常の卒業生と同じようにTHE ALFEEの3人が揃って入場。キリスト教に則った明治学院大学の伝統的な式が執り行なわれ、名誉学士授与式が無事終了したところで、THE ALFEEの3人が壇上に登って感謝の言葉を述べた。

そして高見沢がミュージシャンとして感謝の気持ちを込めたとお礼を込めて、サプライズで讃美歌539番「あめつちこぞりて」をアカペラで、そしてTHE ALFEEの「明日なき暴走の果てに」をアコースティックギターとともに披露し、歴史的な名誉卒業式は幕を閉じた。

■【THE ALFEE 感謝の言葉】

■坂崎幸之助
桜井のいる学校という事でこの大学を選びましたが大学でこの二人に会えた事が一番の思い出であり宝物です。

■桜井 賢
高校3年、大学6年と通い結果横道にそれてしまいましたがこの学校は実家みたいなものです、アルフィーはここで生まれたんです。本当にありがとうごいました。

■高見沢俊彦
ここでは高校以来の卒業式で今年40周年の節目にこういう名誉卒業式をひらいて頂き有難うございました。今後はTHE ALFEE(大卒)とプロフィールを書き換えていきます。僕と桜井は高校でここ白金で会い坂崎とは大学で会った。自分たちの青春が明治学院というキャンパスであったことに感謝し今後も長く活動を続けてゆきたい。

■【明治学院大学 THE ALFEE 名誉卒業について】

本年度、明治学院は創立150周年を迎えました。この期間中の記念行事として、昨年10月30日に本学の校歌を特集した企画を行ないました。明治学院校歌は卒業生の島崎藤村が作詞しておりますが、この校歌をTHE ALFEEが1997年にアレンジして歌っております。このため当該イベントのトークゲストとして出演していただきました。THE ALFEEと本学はこれまでも多くの関わりがあり、都度、明治学院を前面に出してくれております。一方、THE ALFEEのこれまでの活動実績は音楽界に大きな影響を与えておりその功績は大きいものと考えております。明治学院大学としては、これまでの功績を評価して、この度名誉学士の称号を授与し、名誉卒業とさせていただくことになりました。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング