藤田麻衣子、シングル「涙が止まらないのは」で遂にメジャーデビュー

okmusic UP's / 2014年3月26日 11時45分

藤田麻衣子アーティスト写真 (okmusic UP's)

本日2014年3月26日に藤田麻衣子が、メジャーデビューシングル「涙が止まらないのは」をリリースした。

【その他の画像】藤田麻衣子

2006年にシングル「恋に落ちて」でインディーズデビューをした藤田麻衣子。
2012年に発売した5thアルバム『1%』がオリコン・インディーズチャート1位にランクインしたほか、これまでリリースしてきた楽曲は各音楽チャートで上位を記録。定評のある恋愛ソング・応援ソングは、タイアップも多く、彼女の透き通った歌声や歌詞への共感、ドラマティックなメロディーで、同性から高い支持を得ている。

また、フリーライブ活動でファンを増やし、2012年には渋谷公会堂をソールドアウト、2013年にはNHKホールでワンマンライブを開催、そしてフリーライブの集大成として、前代未聞の日本武道館弾き語り無料ワンマンライブで集客数8,000人を記録し、大成功を収めるなど、これまでメジャーデビューに向けて着実に歩みを進めてきた。

そして今回、藤田麻衣子はシングル「涙が止まらないのは」で、悲願のメジャーデビュー。本作は恋をしている女性の切ない乙女心を、ストレートな歌詞と透明感のある歌声で表現。女性はもちろん、乙女心を理解したい男性にもおすすめの楽曲となっている。

なお、音楽配信サイト「music.jp」(//store.music.jp/)ではシングル「涙が止まらないのは」を配信中。
今後の藤田麻衣子の大きな飛躍に期待が懸かる。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング