超特急、「日本青年館」ワンマンライブは大盛況 初披露曲含む計17曲を披露

okmusic UP's / 2014年3月28日 23時41分

超特急、「日本青年館」ワンマンライブの模様(1) (okmusic UP's)

フロントメインダンサー・バックボーカルグループ、超特急が2014年3月28日(金)に東京・日本青年館でワンマンライブ【BULLET TRAIN ONE MAN SHOW ikkiにホールで福おこしだ!!!!!i!!〜少年から青年へ〜】を開催。初披露曲・Wアンコールを含む、17曲を披露した。

【その他の画像】超特急

CDシングルオリコンウィークリーチャートが3作連続TOP10入りを果たし、2013年11月には渋谷109MEN’Sが展開するクリスマスキャンペーンのイメージキャラクターにも抜擢されるなど、中高生から圧倒的人気を誇る超特急。

3月26日(水)にはNew Single『ikki!!!!!i!!』(読み方:いっき)をリリースしたばかりの彼らだが、この日のライブではカラフルなメンバーカラーの衣装で登場したメンバーは前半に最新曲『Rush Hour』や5th Single『Kiss Me Baby』など9曲を披露。中盤には3号車リョウガが書いた「青年館スペシャル拝啓8号車様」という愛犬への想いが詰まった手紙が朗読させ、会場に笑いがおこった。

スーツ風の衣装に着替えた後、本編後半がスタート。新曲『Refrain』を初披露するなど5曲を披露し、大盛況のうちに幕を閉じた。

本編終了後には咄家・柳家松太郎が登場。ユースケの切り絵・メンバー全員の切り絵を披露していると突如、武士が出現。「年貢を納めろ」と会場を歩き回った中に「さんぺーです」で有名な三瓶も登場し、会場を湧かした。ステージではコーイチ・タカシが悪代官に米を奪われ、客席から登場したカイ・リョウガ・タクヤ・ユーキ・ユースケに会場からは割れんばかりの歓声とともにユースケが「世直しだ!」と声を上げ、初披露となる殺陣が披露された。この殺陣は最新シングル『ikki!!!!!i!!』のテーマとなっている「農民一揆」が再現され、華麗な殺陣で世直しを成功させたのち、同曲を披露。コーイチが大根マイク、タカシがネギマイクを持って歌う中、曲の中盤でカイ・リョウガ・タクヤ・ユーキが客席に降りて扇子でファンのテンションを盛り上げ、初のワンマンホールライブは成功に終わった。

大阪・名古屋・福岡で大盛況に終わった【BULEET TRAIN ONE MAN SHOW ikkiにホールで福おこしだ!!!!!i!!】だが、追加公演が来週4月4日(金)にTOKYO DOME CITY HALLにて行われる。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング