マイケル・ジャクソン、全曲未発表のニューアルバム発売決定

okmusic UP's / 2014年4月1日 16時0分

アルバム『XSCAPE』 (okmusic UP's)

5月14日にマイケル・ジャクソンのニュー・アルバム『XSCAPE』が発売されることが決定した。

【その他の画像】Michael Jackson

本作は8曲の新しいトラックで構成されており、全曲が世界未発表の“新曲"。究極のファンのために用意されるデラックス・エディションには、8曲の“新曲"の原型である、マイケルのオリジナル・レコーディング素材8曲も追加収録される。『XSCAPE』はスタンダード・エディション、デラックス・エディションともに5月13日に世界で一斉に発売となる(日本は5月14日)。『XSCAPE』のエグゼクティブ・プロデューサーは、エピック・レコード会長でCEOのL.A.リードが務めた。リードは、エステートがマイケルのアーカイヴの初期調査をおこなった後、マイケルのヴォーカルが完成した状態の、40年間分の素材への完全アクセス権を与えられた。

リードがキュレーションをおこなった最終的な曲目リストが各プロデューサーたちのもとに届けられ、そしてそれらが、マイケルらしさを十分に備えた完全な作品として、同時に新鮮かつ現代的なサウンドとして完成させられたのである。このプロセスをリードは「コンテンポライズ(現代化)」と呼んでいる。アルバムのリード・プロデューサーであるティンバランドは、マイケル作品を手がけるのにふさわしい力量、深さ、幅広さを持ち合わせているとリードが判断した一握りのプロデューサーのうちの一人だった。そのほかには、ロドニー・ジャーキンス、スターゲイトといった世界的ヒットメーカー達や、ジェローム “Jロック" ハーモン、ジョン・マクレーンといった面々が顔をそろえた。

アルバムのタイトルも、マイケルがとっていたネーミングの手法に則って名付けられた。マイケルはアルバムのなかの一曲の題名をいつもアルバムタイトルとして採用しており、『THRILLER』以降、すべてワンワードの、どこか尖がったタイトルとなっている。本作もそれに準じている。マイケル・ジャクソンとジャーキンスによる作曲、プロデュース作品である「Xscape」 は、このアルバム中唯一、マイケルと共にスタジオに入り、オリジナル・バージョンのレコーディングに立ち会ったプロデューサーによって “コンテンポライズ(現代化)" された曲ということで、際立つものがあると判断された。

マイケル・ジャクソン・エステートの共同執行人であるジョン・ブランカとジョン・マクレーンは、「マイケルは常に最先端を進み、いつも新しいプロデューサーと仕事をし、新しいサウンドを発見することに積極的だった。彼はいつも的確で、まさに『今』そのものだった。今回完成したトラックは、いろいろな意味でその心意気を受け継いだものになっていると思う。このヴィジョンを生み出してくれたL.A.リードに感謝の意を表したい」 と語っている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング