MANNISH BOYS、ドラマ「俺のダンディズム」とのコラボMVが完成!

okmusic UP's / 2014年4月17日 14時0分

MANNISH BOYS (okmusic UP's)

斉藤和義と中村達也によるロック・ユニット“MANNISH BOYS"のニューシングル「I am Dandy」のMVが完成した。

【その他の画像】MANNISH BOYS

同曲はドラマ「半沢直樹」で主人公の同僚 “近藤直弼"役の名演技が記憶に新しい、滝藤賢一の初主演連続ドラマ「俺のダンディズム」の主題歌に決定しているが、その滝藤が演じる“段田一郎"とMANNISH BOYSがMVで共演を果たし、さらに今夜からスタートした番組のエンディングムービーとして毎週O.A.されることになった。
  
4月16日(水)よりスタートしたドラマの第一話は、課長に昇進した段田一郎(滝藤賢一)が、お気に入り女性部下の「ダンディな大人の男性がタイプ」という発言を聞き、一念発起。手探りながらファッション雑誌やテレビ番組で勉強を始める。まずは長年使ってきた腕時計を買い替えようと決意。そして、紳士用品全般を扱う不思議な店「マダムM」を訪ね、ミステリアスな女店主・美幸から腕時計に関するさまざまなうんちくを教えてもらうというストーリー。
 
MVの撮影はその謎の店「マダムM」で行なわれ、MANNISH BOYSの二人は「滝藤さん、さすがプロだと思いましたね(斉藤)」、「一緒にバンドやりたいと思いました(中村)」、「是非、ヴォーカルを(斉藤&中村)。」と語り、さらに滝藤をパンクバンド"デッド・ボーイズ"のスティーブ・ベイターのようだと語る中村は「滝藤さんは私と同郷(愛知県名古屋市)なので、滝藤さんの出身中学の文化祭で勝手にライヴやりましょう」とも続け、作品の完成度の高さを匂わせている。

さらに滝藤も「憧れのMV撮影に、まさか自分がライヴ参加するような形で出演できるとは夢のようです。撮影自体は本当に楽しく、気持ちよかったので、自分もミュージシャンという勘違いをしてしまいそうでした(笑)。そして、MANNISH BOYSさんが本当にかっこ良かったです。もっとミュージシャンの方は怖いのかと思っていましたが、とても紳士的で素人の僕を歓迎してくれて嬉しかったです。」とコメントしており、まさに相思相愛で完成したといっていいだろう。

また、4月17日(木)からは、レコチョク、TSUTAYAミュージコ♪、iTunes Storeなどの主要音楽配信サイトにおいて「I am Dandy(ドラマバージョン)」の着うた(R)/iTunes着信音の先行配信がスタートするので、そちらも是非チェックして頂きたい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング