T-BOLAN、渋谷公会堂でラストライヴ開催

okmusic UP's / 2014年4月29日 17時30分

4月26日@渋谷公会堂 (okmusic UP's)

4月26日(土)、東京・渋谷公会堂でT-BOLANのラストライヴが開催された。3月8日(土)に大阪・オリックス劇場で行なわれた復活ワンマンライブでメンバーそれぞれのソロ活動を発表した彼らのラストライヴは、チケット販売枚数の約2,000枚に対し、応募数15倍を上回るという最速先行予約で即完の超プレミアムなチケットに!

【その他の画像】T-BOLAN

映画『T-BOLAN THE MOVIE~あの頃、みんなT-BOLANを聴いていた~』より、前2公演とは別編集された貴乃花親方をはじめとする出演者からのメッセージが映像で流され、“T-BOLAN LIVE HEAVEN 2014~Last live for the future~"の文字が写しだされると、真っ白なシルクの向こうからメンバーが登場。その表情にはいつもと違う何かが感じられる。

ライヴは「Only Lonely Crazy Heart」から始まり、当時一度も演奏されることのなかった「Be Myself」、デビュー曲の「悲しみが痛いよ」、ミリオンヒットを記録した「Bye For Now」と続くセットリストにいろんな思いがこみ上げてくる。さらに、「おさえきれない この気持ち」「刹那さを消せやしない」と続くと、ヴォーカルの森友嵐士が過去のライヴを振り返って話す。「いろんなライヴのことを思い出していて、どのライヴが強烈だっただろう。そんな話をさっき楽屋でしたんだ。いろいろあるんだけど、一番最初の東名阪、ファーストツアーの日清パワーステーション。そこに来た人って今会場にいる?」 と投げかけると、あちらこちらからの返事にメンバー全員が驚く。「やっぱいるんだね! アマチュア時代いろんなライヴハウス回って、自分たちのデビューシングルというものが世の中に出て、あれは夕方の4時だっけ?」と記憶を辿る森友に、ギターの五味孝氏が「夜の9時だよ。代表取締役刑事」と相槌を入れる。「あれは何年前? まだ生まれてなかった人もいるんじゃないの? TVから自分たちの曲が流れて、日清パワーステーション一体どんなライブになるんだろう?と思って、期待と不安となんかでもういっぱいいっぱいだったからさ、オールスタンディングで客席がうわー!ってうねっているの見て、その瞬間すごい力をもらったのを覚えてるんだよね。そこから23年だよね? ここからどんな風に走ってゆくんだよ。みたいな話をレコーディングやいろんな隙間にそういう話をすることがあって、やっぱこう、いつも自由で自分たちであり続けられる。そういう形がやっぱいいよねっていう。例え話でいつも寄せては返す波に形を変えてゆく砂浜のような存在であり続けたいと、そんな話をして今も動いていますけど、どこまでもそれぞれ4人がもう一歩その先へっていうそんな自由さを持ってこれからも歩いていけたらいいなって思っています」

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング