ダイスケ、15分に及ぶ一人芝居も初披露した47都道府県弾き語りツアーがスタート!

okmusic UP's / 2014年4月30日 13時30分

4月28日(月)@川崎CLUB CITTA’ (okmusic UP's)

シンガーソングライターのダイスケが約3ヵ月かけて47都道府県をギター弾き語りで巡る全国ツアー「ひとりtsumugu旅」を、4月28日(月)に地元・神奈川県の川崎CLUB CITTA'からスタート。会場には平日にもかかわらず約500名のファンが集まり、ダイスケの“日本三周目の旅”の初日は盛大な盛り上がりを見せた。

【その他の画像】ダイスケ

今回、編成はダイスケ一人のみ。ギター弾き語りというとてもシンプルなステージ後方には、ダイスケがイラストしたバックドロップ布が掲示されている。客電が落ちると、静かな雰囲気の中ダイスケが登場。いつもの爽やかなイメージとは一転、攻撃的なギターインストゥルメンタル曲で会場を沸かせた。最初のMCでは「いよいよ始まりました、ひとりtsumugu旅! このステージはギターと僕の体のみ、とてもシンプルです! ツアーでは、出会いを紡いで紡いで、大きくしていこうと思っていたんですけど、もうすでにこの会場が紡がれてるよね!」と伝え、ファンの心をがっちりと掴む。

ライヴ中盤、写真撮影フリータイムの「だいすき」を歌唱し、ステージ袖に向かうダイスケ。駅の雑踏をイメージしたSEのあと、私服風衣装に着替えた彼が走ってステージに入ってくる。15分に及ぶ一人芝居『あなたにしかできないこと』の始まりだ。芝居の詳細はその目で見てほしいが、最後に語りかけるように歌う「あなたにしかできないこと」によって会場は感動の拍手で埋め尽くされた。ダイスケは芝居・演技等の経験はまったくなく、今回が初めての挑戦。当初は不安だったと言うが「徐々に新しい自分が見えてきて、楽しいです!」と前向きに取り組んでいる。

その後、「47都道府県 ダイスケオリジナルゆるキャライラストコーナー」などを挟み、後半には「夏めく坂道」「ボク☆ロケット」「ドレミ」とシングル曲を立て続け披露し、再び会場のボルテージは最高潮に。アンコール後、「これから日本三周目の旅、言ってきます!」と宣言し、約2時間のステージは幕を閉じた。終演後はファン一人一人をハイタッチで見送るなど、ダイスケらしくファンとの距離を感じさせないライヴとなった。ツアーは8月9日(土)沖縄公演まで。約3ヵ月をかけて、47都道府県を巡る。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング