ギルガメッシュ、2年ぶりとなる全国ツアーが終幕

okmusic UP's / 2014年5月1日 13時30分

4月29日@名古屋CLUB QUATTRO (okmusic UP's)

4月29日、名古屋CLUB QUATTROにてギルガメッシュの2年ぶりとなる全国ツアー「girugamesh 2014 tour "MONSTER"」のファイナルが行なわれた。

【その他の画像】ギルガメッシュ

今回のツアーは全箇所でオープニングアクトが登用され、この日は新進気鋭のV系バンド、DEZERTが登場。突進力に溢れた演奏と、先輩を前に全く動じない激烈なパフォーマンスにフロアの温度は急上昇をみせた。

そしてセットチェンジの後、いよいよツアーファイナルを迎え気力十分のギルガメッシュが登場。大歓声の中、いきなりライヴでの人気曲「お前に捧げる醜い声」で幕は落とされ、のっけからフロアを興奮の渦に叩き込む。そして昨年リリースされたフルアルバム『MONSTER』からのメタルコアチューン「Drain」を立て続けに放ち、フロアのテンションを短い時間で絶頂へと高めていく。卓越した演奏力と共にフロアの沸点を一気に上げるパフォーマンスは、キャリアを重ねハイブリッドなライヴ活動を繰り広げた彼らの真骨頂と言えるだろう。そしてセットリスト中盤に配置された「睡蓮」では、様々な経験を経て、説得力の増した左迅のヴォ―カリゼーションにオーディエンスの集中力は一気に高まる。昨今のギルガメッシュはラウドロックシーンに位置するバンドとの対バンも多く、破壊力満点の演奏がフューチャーされがちではあるが、この曲に代表されるように「繊細に歌い上げるメロディラインを持つ楽曲」をも持ちあわせることが彼らの強みである。この二面性が海外でも高く評価される由縁だろう。

そして後半は一気呵成に激しい楽曲を叩きつけていく。バンド初期の名作『13's reborn』からの「遮断」を皮切りに代表曲たちを次々に披露。《ライヴこそが我が人生》と高らかに歌い上げる「Live is Life」ではバンドの一体感を見せつけ、続くキラーチューン「Never ending story」ではメロコアバンド顔負けのスピード感満載の演奏でオーディエンスを圧倒。本編ラストの「evolution」ではオーディエンスの大合唱を誘い、それに続くアンコールでは左迅から秋の全国ツアー、そしてミニアルバムのリリースが発表され、満員のオーディエンスは大歓声でそれに答えた。そしてラストにはバンドの代表曲の一つでもある「Break Down」を激烈な演奏で披露、熱狂の一夜は幕を閉じた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング