彩音とオリガがロシア・モスクワのイベントに出演

OKMusic / 2014年5月5日 0時30分

ロシア・モスクワで開催された日本のポップカルチャーフェスティバル“HINODE 2014”にゲスト出演した彩音 (okmusic UP's)

数々のアニメ&ゲームソングを担当しているアーティスト“彩音”が、2014年4月20日(日)ロシア・モスクワの文化ホール「KZ Izmailovo」で開催された日本のポップカルチャーフェスティバル“HINODE 2014”にゲスト出演し、ライブパフォーマンスを行なった。


【その他の画像】彩音、オリガのライブの模様など、イベント写真集

「KZ Izmailovo」内にあるライブハウスに出演した彩音は、「11eyes-罪と罰と贖いの少女-」主題歌「Lunatic Tears…」で一気に会場を暖めると、「ひぐらしのなく頃に祭」主題歌「嘆きノ森」、「ひぐらしデイブレイク Portable」主題歌「その先にある、誰かの笑顔の為に」、「DISODER6」主題歌「幻術のクロスロード」、「STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム」主題歌「フェノグラム」を一気に披露。途中のMCでは、ロシア語で「ありがとう」を意味する「スパシーバ!」の挨拶に大きな歓声が起こり、「Memories Off #5 とぎれたフィルム」グランドEDテーマ「ロマンシング・ストーリー」では、大きく手を左右に振る彩音に合わせて、観客も大きく手を振って応えるなどの言葉を超えたパフォーマンスが繰り広げられた。

「ひぐらしのなく頃に祭~澪尽し編~」主題歌で、彩音屈指の盛り上がり曲「コンプレックスイマージュ」を熱唱した後は、通訳が登場してのトークコーナーに突入。前日に赤の広場でロシアならではの帽子を購入してきた事を告げると、ラストにはその帽子を被って、劇場版『STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』EDテーマ「いつもこの場所で」を披露し、全8曲という充実のセットリストで会場に集まった観客を魅了。さらに、彩音は世界コスプレサミットのロシア代表選考会の会場で行なわれたカラオケ大会の表彰式に、優勝者へのプレゼンターとして参加した。

また「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」主題歌や「ファイナルファンタジーXIII-2」挿入歌などで知られるオリガも、夕方から同会場でライブを開催。「inner universe」ほか、数々の名曲をダンサブルに熱唱する最高のパフォーマンスを披露した。

なお彩音は、2014年5月25日(日)浜名湖ガーデンパーク会場「水辺の劇場」での“「浜名湖花博2014~花と緑の祭典~」アニソン・特撮ソングフェスティバル”に出演するほか、6月にはアメリカ・シカゴで開催される“JAPAN FESTIVAL 2014 祭”への出演も決定。詳細については彩音公式サイト(http://5pb.jp/ayane/)を参照されたい。


関連リンク:

彩音5pb.公式サイト
⇒http://5pb.jp/ayane/

HINODE 2014公式サイト
⇒http://www.hinode.asia/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング