私立恵比寿中学、春ツアー東京公演にて新曲初披露!

okmusic UP's / 2014年5月7日 11時0分

2014年5月6日(火・祝)@Zepp Divercity (okmusic UP's)

5月6日(火・祝)、私立恵比寿中学がニューシングル「バタフライエフェクト」リリースツアーの東京公演をZepp Divercityで行なった。

【その他の画像】私立恵比寿中学

金沢、名古屋に次ぐ4箇所目の本公演は、同時に5月5日にメジャーデビュー2周年を迎えた彼女たちの3年目突入一発目となる節目の公演でもある。

このツアーから起用されているSE「nezuture」からステージはスタート。1曲目のニューシングル「バタフライエフェクト」から、「未確認中学生X」「踊るガリ勉中学生」「梅」と、のっけからたたみかけるようなセットリストで観客を煽っていく。今回のツアーはほとんどMCがないとだけあって、「踊るガリ勉中学生」への導線となる安本彩花(出席番号5番)と星名美怜(出席番号7番)、松野莉奈(出席番号9番)による小芝居(MC)が見ものとなる。エビ中ならではのゆるい学芸会感が発揮される。また中盤、大阪オリックス劇場での星名によるソロ「君に39」、そしてZepp Nagoyaでの真山りか(出席番号3番)「老醜プレイカー」と、今回のホールツアーでハイライトとなっているソロコーナーでは、安本彩花(出席番号5番)と小林歌穂(出席番号、中山莉子(出席番号12番)のユニットによる「たそがれシアター」をパフォーマンス。かつては安本と転校した鈴木裕乃とのユニット曲が新たな形で提示され、“新生エビ中”を印象づける格好となった。さらにこの日は、ニューシングル「バタフライエフェクト」収録の新曲「アンコールの恋」をアンコール前に初披露。真山の「エビ中はなぜか失恋ソングが多いんですけど」との発言を受けて、安本曰く「エビ中には珍しい」極上の王道アイドルPOPSにエビ中ファミリーも酔いしれた。

この日をもってニューシングルより2曲が明らかとなったが、残る収録曲の「幸せの貼り紙はいつも背中に」に新たにタイアップが決定。今秋公開予定の映画『小川町セレナーデ』の主題歌に抜擢された。<WK1>こと鈴木慶一+曽我部恵一をアレンジに迎えたことでも話題の楽曲として音楽ファンから熱い注目が集まるが、5月25日に行なわれるZepp Fukuoka公演にて初披露予定とのこと。

なお次なるツアー開催地は、17日(土)に自身初となる四国に上陸、愛媛にて「第38回愛媛大学医学部 医学祭」に参加することが決定している。

■【セットリスト】

■第1部
SE(nezuture)
01. バタフライエフェクト ※ニューシングル
02. 未確認中学生X
03. 踊るガリ勉中学生
04. 梅
05. パクチー
06. 禁断のカルマ
07. 売れたいエモーション!
08. もっと走れっ!!
09. 頑張ってる途中
10. たそがれシアター ※安本彩花、小林歌穂、中山莉子ユニット曲
11. 誘惑したいや
12. えびぞりダイアモンド!!
13. 仮契約のシンデレラ
14. 放課後ゲタ箱ロッケンロールMX
15. アンコールの恋 ※初披露
~アンコール~
SE(matsuriture)
en1. ザ・ティッシュ~とまらない青春~
en2. フレ!フレ!サイリウム
en3. 永遠に中学生

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング