チャラン・ポ・ランタン、全国ツアー完走!

okmusic UP's / 2014年5月26日 20時0分

5月25日@東京グローブ座公演 (okmusic UP's)

チャラン・ポ・ランタンの全国ツアー「チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカン“五月病の特効薬ツアー2014"」が5月25日の東京グローブ座公演でファイナルを迎えた。

【その他の画像】チャラン・ポ・ランタン

7月にエイベックスからメジャーデビューするという衝撃ニュースと共に幕を開けた今回の全国ツアー。ファイナルとなった東京グローブ座公演は昭和の名曲「スーダラ節」のカヴァーからスタート。「これからしばらくは押し曲とする」と披露された「忘れかけた物語」他、メジャー1stたらふくシングルに収録される楽曲から、手切れ金が絡む別れがテーマのシュールな歌詞を今売れに売れまくっている映画『アナと雪の女王』の「Let It Go~ありのままで~」のメロディに乗せて披露した「潮時」改め「潮時2014」や、各会場でその土地にまつわるご当地ソングを披露してきた小春とカンカンバルカンのセッションコーナーでは、東京といえば、、、ということで「大都会」を披露(24日公演では新大久保といえばK-POP"ということでKARAの「ミスター」をヒップダンス付で披露)したりと会場を大いに沸かせたパフォーマンスを交え、アンコール含め全21曲を披露。

そして、この日のMCでも改めてエイベックスからメジャーデビューすることをファンに報告。「メジャーに行っても染まっていかないよ…染まったりなんかしないよ!」というMCから披露されたのは、まさかのTRFの「survival dAnce ~no no cry more~」。小春のアコーディオンとカンカンバルカンの生演奏でエイベックスの大先輩の楽曲を堂々と唄い、お客さんを煽るもものパフォーマンスに会場は大盛り上がり。まさにエイベックスという楽曲でもチャラン・ポ・ランタン色に変えてしまうのそパフォーマンスに、メジャーにいってもチャラン・ポ・ランタンらしさは健在、「染まらない、染めようと思っても染められない」と改めて確信させてくれるステージだった。

また、ツアー終演後にエイベックスからのメジャー第1弾たらふくシングル「忘れかけてた物語」のアーティスト写真、ジャケット写真、そして「忘れかけてた物語」のミュージックビデオのちょっとだけショートバージョンが一挙公開となった。

さらに、この東京グローブ座公演では、6月28日に新宿LOFTでチャラン・ポ・ランタンpresents『女をなめんなよスペシャル Vol.5 ~ジューンブライドは私のもの!~』を開催することも発表されるなど、続々と新情報が発表されている。詳しくは彼女達のオフィシャルサイトをチェックしてみよう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング