MAN WITH A MISSION、2万3千人が熱狂した幕張メッセ公演で最大規模ホールツアーを発表

okmusic UP's / 2014年6月1日 1時30分

5月31日(土)@幕張メッセ国際展示場1~3ホール (okmusic UP's)

5月31日(土)にMAN WITH A MISSION史上最大級となる幕張メッセ国際展示場1~3ホールでのライブが開催された。

【その他の画像】MAN WITH A MISSION

3月にリリースされたアルバム『Tales of Purefly』を引っさげてのツアー「Tales of Purefly Tour 2014」は、全国27カ所にて開催し、今回はその中でも最大会場規模でのライブとなった。

今作の「Tales of Purefly」は、コンセプトアルバム。“Purefly"という物質が悪の手に渡ることにより、退廃していく世界をもう一度よき世界にすべく、3人の子供達と究極の生命体MAN WITH A MISSIONによって描かれるSF冒険活劇であり、その世界をライブと映像の融合で表現された。

オープニングでは、ステージを囲むように設置された巨大モニターに「Tales of Purefly」の物語がアニメーションとなり、会場全体が物語に吸い込まれていく。

3人の主人公が冒険にでるとセンターモニターが吊りあげられ、センターステージにはメンバーが登場し、会場が大歓声に包まれ冒険がスタートされた。「相手ガ2万3千人ダロウト、ビタ一文負ケ気ガシナイ。オ前ラ、カカッテ来イ!!」とジャンケン・ジョニー(Gt,Vo,Raps)がオーディエンスに問いかけると会場のボルテージは一瞬で最高潮に達した。

前回の横浜アリーナからさらにスケールアップした5匹のオオカミは、バンド史上最大級の幕張メッセでライブを行えた喜び、会場の熱気から、「DON'T LOSE YOURSELF」中、感極まったカミカゼボーイ(Ba)の目が光った。

ライブ中盤では、“Tales of Purefly"のストーリーの子供たちが実際に現れ、MAN WITH A MISSIONに楽曲をリクエスト。オオカミ達がそれに応えて「Searching life」をアコースティックセットで歌って聞かせるなど物語とライブの融合も垣間見えた。

コンセプトアルバムのストーリーのように今回のライブも進行し、ジャンケン・ジョニーが「主人公ノ少年達ガ悪魔ヲ倒シ、希望ヲ勝チ取ッタ。我々モ秋ニ、“全米デビュー"ニ向ケテ身ヲ投ジテイキマス。 コレカラモ自分達ノ物語ヲ自分達自身デ読ミ進メテイキマス。」と語った。

本編終了後には、緊急発表の一文字がビジョンに流れた。そこには、6月からの全米ツアー「NORTH AMERICAN TOUR 2014」と10月より、自身最大規模となる日本でのホールツアー「PLAY WHAT U WANT TOUR」が発表された。「PLAY WHAT U WANT TOUR」は、オオカミ達としては初となる、ファンからの楽曲リクエストによってセットリストが構成されるものとなっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング