福山雅治、自身初となるアジア公演が大盛況の後に終了

okmusic UP's / 2014年6月16日 17時30分

6月14日(土)@香港コンベンション&エキシビション・センター (okmusic UP's)

福山雅治が自身初となるアジア公演「FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS.TOUR 2014in ASIA」を、6月7日(土)に台北アリーナで1万2000人を動員した台湾公演に続いて、6月14日(土)に香港コンベンション&エキシビション・センターにて行なった。

【その他の画像】福山雅治

壮大なオーケストラサウンドのSEに導かれステージに福山が登場すると、会場に集まった香港のファンからは割れんばかりの歓声が飛び交う。自作の団扇や、横断幕などをかざし、その歓迎ぶりと声援に福山も手を振り笑顔で応える。全国6ヵ所14公演、約50万人を動員した自身初のドームツアー「FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS. TOUR 2014 HUMAN」と同様に、アカペラで「Beautiful life」を歌い出しコンサートはスタート。3曲を歌い終え最初のMCに入ると、広東語で“みなさんこんにちは!"を意味する“大家好!(ダイガーホー)"と、福山は現地語で観客に呼びかける。さらに広東語で“ただいま香港、会いたかったです"とMCを続けると、香港のファンは感嘆の声を上げ、“マシャ!"と日本でお馴染みの福山の愛称を呼び、喜び応えた。“僕が初めて香港を訪れたのは1997年7月1日、香港返還の日。あの日の花火を、写真に撮りました。"というエピソードを日本語で語り出すと、同時に広東語の字幕がスクリーンに表示され、日本語のわからない会場に集まった香港のファンに、メッセージを伝えるための配慮も忘れない。

中盤には日本国内ではオリコン2週連続1位、30万枚以上を売り上げ、香港でもiTunes発売初日にチャート1位を獲得した最新アルバム『HUMAN』から、3曲を立て続けに披露した後、“香港のファンに馴染みのある曲をセンターステージで披露します!"とMCで宣言。その曲が1990年代に香港の歌手イーキン・チェンにカバーされ大ヒットした「恋人」だとわかると、歓声は大合唱へと変わっていった。続けて、福山自身が主演し、現地でも大人気のドラマ「ガリレオ」関連楽曲である「最愛」「KISSして」「vs.2013 ~知覚と快楽の螺旋~」を披露し、客席のボルテージはさらに上昇。特に「最愛」の優しく語りかけるように切々と歌い上げる福山の姿に、会場は一気にひきこまれていった。何度も“多謝大家!(ドージェーダイガー:みなさん、ありがとう!)"と現地語で呼びかけ、“もっともっと、ひとつになっていくんですよ、香港!"と観客を煽り、福山はジャケットを脱ぎ捨てセンターステージへ駆け抜けていく。披露されたのは、情熱的な「RED×BLUE」、さらにセクシーな福山が魅力的な「HEAVEN」へ。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング