KREVA、自身の巨大壁画を前にソロデビュー10周年を振り返る

okmusic UP's / 2014年6月22日 18時0分

KREVAが自身の壁画が描かれた渋谷パルコPART1に表敬訪問 (okmusic UP's)

KREVAが表敬訪問と称し、自身の壁画が描かれた渋谷パルコPART1に登場した。

【その他の画像】KREVA

6月18日にソロデビュー10周年を迎え、6月21日にベストアルバム『KX』(ケイテン)をリリースし、同日にZepp Namba OsakaからスタートしたKREVA。今回公開されたこのKREVA巨大壁画は、アジア最大級の音楽配信サービスKKBOXと全国のファッションビル「パルコ」で展開中の音楽キャンペーン「Listen with Me」の一環として制作されているもので、7月上旬に完成予定。ツアーの合間のハードスケジュールの中駆けつけたKREVAは、3 m×3 mの巨大壁画について 「渋谷はレコードショップがたくさんあったときはずっといたし、渋谷を通るために大学の通学も遠回りしていたほど思いで深い街。そこに自分の壁画を描いてもらえてうれしいです。」と感慨深げに話してくれた。

そして、ソロデビュー10周年を「一番変化したのはいろいろな事に責任感が出てきたこと。今までノリで済ませて来たところがあったので、そういうところはしっかり考えるようになってきた」と振り返り、「もちろん音楽にも影響していて、歌詞はしっかり筋道をたてて自分も納得できて、みんなにも良いメッセージを届けられるものが書けるようになった」とコメント。日本語ラップを牽引してきたトップアーティストの貫禄を見せた。

さらに、まだ始まったばかりのツアーや、夏にKICK THE CAN CREWで出演するフェスについては、「まずはツアーをしっかりやりきって、908FESTIVALもあるし、それぞれ準備しながらKICK THE CAN CREWは歌詞をしっかり思い出すって感じですかね(笑)。今日もラジオの公開生放送に行ってからここに来たんですが、ハードなスケジュールでも応援してくれる人を実際に見れると頑張らなきゃいけないって気持ちになります。」と意気込みを語り、「期待して欲しい」とメッセージを送った。

最後に、この壁画を見に訪れるファンにコメントを求められると
「見に来てくれる人は、サインに触りすぎてはがさなように気を付けてください(笑)。そんなにご利益はないです(笑)。」としっかり笑いをとって囲み取材を終了。同壁画は、6月末に完成し、7月中旬頃まで見ることができる。

■KKBOX&PARCO KREVA 10th Anniversary 『KX』『KX Other Side』リリース&配信開始記念 巨大KREVA壁画企画記者会見

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング