SCANDAL、2度目の大阪城ホールで新曲「夜明けの流星群」を初披露!

okmusic UP's / 2014年6月23日 13時30分

6月22日@大阪城ホール (okmusic UP's)

6月22日、SCANDALが2度目の大阪城公演『SCANDAL ARENA LIVE 2014 「360°」』を開催した。

【その他の画像】SCANDAL

オープニングでは、SCANDALのメンバーが楽屋からステージに向かう姿が生中継されビジョンに映ると、まさかのサプライズに大阪城ホールは割れんばかりの歓声が響く。

客席傍を歩き、ステージに無事到着したメンバーは、それぞれに楽器チェックをしたかと思うと、そのまま一曲目のデビュー曲「DOLL」でライブはスタート! 1曲目から思い入れの強いデビュー曲の披露ということもあり、一気に会場は盛り上がる。

続けて、HARUNA(Vo.&Gu.)の「大阪―!!」という掛け声で、ライブでは初披露となる「大阪LOVER」を披露。この楽曲は、今年25周年を迎えるDREAMS COME TRUEのカバーアルバムに参加したときにカバーした楽曲だ。メンバー自身がカバー前にDREAMS COME TRUEの「大阪LOVER」を観たのも同じ大阪城ホールという縁もあり、大阪の地で結成されたSCANDALらしい関西弁の混じった「大阪LOVER」バンドバージョンに早くも観客のボルテージがMAXに! そして、まさに大阪にぴったりの曲「Welcome home」へと続いていく。

RINA(Dr.&Vo.)が「今日はアメリカからも来てくれた人もいるとか!?」と満員御礼の会場をみて嬉しそうに語ると、HARUNAが「ここに集まってくれたみんなで日々のストレスをふっとばして、最高の夜にしようねー!」との一言を皮切りに、「Runners high」、「LOVE SURVIVE」とスピード感のあるナンバー、バンド感を強く打ち出したセッションから始まる「EVERYBODY SAY YEAH!」と続く。この日、新たなサプライズとしてMAMI(Gu.&Vo.)がアコースティック弾き語りのソロで「声」を披露。普段、ギタープレイやハモリでバンドを支える彼女が、大阪城の広い会場でただひとり、ギター1本でせつなくもしなやかに歌いあげると、会場はさきほどの熱気が急にどこかにいったように静まり返る。RINAが「MAMIちゃん「声」良かったね~鳥肌で風邪ひく!」と伝えると、MAMIは「ひとりひとりの顔をみながら歌ったよ! みんないかがでした?」との声に、会場は「最高~!」と大きな声を返した。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング