デビュー25周年のレニー・クラヴィッツ、3年ぶりの新作をリリース!

okmusic UP's / 2014年7月16日 14時0分

レニー・クラヴィッツ (okmusic UP's)

89年のデビュー以来、全世界のトータルアルバムセールス4,000万枚、グラミー賞4冠と、過去25年の音楽シーンで最大級の成功を収めてきたレニー・クラヴィッツ。記念すべきデビュー25周年を迎えた今年、世界各国の発売レーベルを一新し、移籍第1弾となる3年ぶりのニューアルバム『ストラット』を、日本ではソニー・ミュージックジャパンインターナショナルより9月24日に発売することが決定した。

【その他の画像】Lenny Kravitz

世界のロックシーンの頂点を走り続けてきたレニーが、オリジナルアルバム通算10作目という節目に新たなフェーズに突入する。本作はレニーが俳優として出演したサバイバルアクション映画『ハンガー・ゲーム2』(13年)撮影中に自然とあふれ出てきた楽曲アイディアが、まるで初期衝動のごとく鮮烈だったことから、撮影が終わるや否や自宅兼スタジオがあるバハマに戻って録音を開始。過度に曲を練り上げることやコンセプトなどは一切設けず、あくまでインスピレーションの赴くままレコーディングしていったという。

楽曲タイトルもすべて作業中に仮で付けておいたものをそのまま正式なタイトルとして採用するなど、今回はこれまでにないほど自然体であることを最優先させて仕上げたとのことだ。もちろん、ほぼすべての楽器(ギター、ベース、ドラムス、キーボード)はこれまで同様にレニー自身が演奏している。アルバムを完成させたレニーから届いた第一声は次のとおり。“まるで高校時代の自分に戻った気分だった。音楽が大好きであることの原点に連れ戻してくれた作品だ。生々しく、ソウルがある、真のロックンロール・レコードだ"。

ロック、ソウル、ファンクをその抜群のポップセンスでもって縦横無尽に鳴らすサウンドは、もはやレニー・クラヴィッツとしか形容できないほど、すでに唯一無二のスタイルとして確立している。そんな中でも本作では、ニューヨーク出身の彼らしく、より洗練された都会的なムード漂う楽曲が多いのが特徴だ。日本盤のCDには、ボーナストラックが4曲収録される。そんな新たなスタートを切ったレニーのニューアルバム『ストラット』から、新曲「ザ・チェンバー」の先行配信とアルバム先行予約注文の受付がiTunes Storeで開始となった。こちらにはボーナストラック2曲を収録。また、YouTubeには「ザ・チェンバー」のリリックMVが公開されているので、こちらもチェックを!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング