パスピエ、アルバムリリース記念プレミアムイベントが大盛況のうちに終了!

okmusic UP's / 2014年7月28日 19時0分

7月25日(金)@渋谷WOMB (okmusic UP's)

7月25日(金)、渋谷WOMBにてパスピエの2ndフルアルバム『幕の内ISM』リリース記念プレミアム・イベントが行なわれた。

【その他の画像】パスピエ

このイベントはアルバム購入者限定の応募制となっており、場所や内容などシークレットとなっていた。ライブ会場は渋谷WOMB、プレミアム・イベントということで通常のステージを使わないフロアでのライブ。楽器機材はフロアにセッティングされ、観客席はバンドを360度取り囲む形となる、円形型フロア・ライブというバンドとしても初の試みとなった。

ライブのスタート時間になるとメンバーの成田ハネダを先頭にメンバーがフロアに入場。大胡田なつきの「パスピエ幕の内ISMプレミアムライブへようこそ!」というMCで、アルバム『幕の内ISM』に収録されている「YES/NO」がスタート。"YES/NOのメリーゴーランド メリゴーランド さあ、輪になって"という歌詞通り、360度ステージを回りながら歌う大胡田なつき。続く「トーキョーシティー・アンダーグラウンド」、「七色の少年」とアルバム収録曲を立て続けに披露し、早くも会場は最高潮に。

「改めましてこんばんはパスピエです。今夜は来てくれてどうもありがとうございます。たくさんの応募を戴いて、北らから南まで色々な方に来てもらっているので特別なライブ。自分たちも初めてとなるフロアライブを、皆さんに楽しんでもらえたら嬉しいです」と語った大胡田なつき。アルバム発売イベントということで、アルバム収録曲を中心に「とおりゃんせ」、アルバムの先行シングルとなった「MATATABISTEP」、ライブ初披露となる「世紀末ガール」、そして既にライブでの人気曲となっている「アジアン」を披露。客席頭上ではミラーボールが回り、会場からは大きな手拍子が巻き起こりフロア・ライブならではの距離の近さも含め、通常のライブ以上の一体感が生まれる。

途中、成田ハネダより「今日、パスピエを初めて見る人はいますか?」との問いかけに、チラホラと手が上がる観客席を見て「普段は普通にステージでライブやってますので、また次も見てくださいね!」と軽妙なMC会場を沸かし、観客席が近いフロア・ライブならではのアットホームな雰囲気に。そして「アルバムと同じように、次の曲で終わりです」との紹介とともに、アルバムの最後に収録されている「瞑想」を披露し本編は終了。

そして本編終了共に拍手が鳴りやまない中、「ただいま! アンコールありがとうございます」と大胡田なつきの言葉と共に、メンバーが再登場。アンコール1曲目は前作『演出家出演』に収録されている「シネマ」。レイヴィーなシンセとミラーボールがマッチし、アンコールに相応しいパフォーマンスに。そして「秋冬にはパスピエ2度目となる全国ワンマン・ツアー「幕の外ISM」ツアーもあります。また皆さん、お会いしましょう。今日は本当に、本当にどうもありがとうございました」との言葉に続き、「最終電車」が披露され、プレミアムな一夜は幕を閉じた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング