BIGMAMA、9mm、グドモら気鋭のミュージシャンが揃った『HIGH! HIGH! HIGH!』開催

okmusic UP's / 2014年8月2日 17時0分

【BIG MAMA】『ROCK KIDS 802-OCHIKEN Goes ON!!- SPECIAL LIVE HIGH! HIGH! HIGH!』 (okmusic UP's)

今年6月に開局25周年を迎えたFM802。開局当時からの看板番組のひとつで、現在は関西の10代音楽ファンのアニキ的存在とも言えるオチケンこと落合健太郎が担当の『ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!-』(毎月~金曜21:00~)がプロデュースするライブイベント『ROCK KIDS 802-OCHIKEN Goes ON!!- SPECIAL LIVE HIGH! HIGH! HIGH!』が、8月1日に大阪・なんばHatchで開かれた。

【その他の画像】The Mirraz

この日出演したバンド、アーティストは特に10代、20代に支持を得る気鋭の8組。メインステージでそれぞれの熱いパフォーマンスが繰り広げられたほか、階下に設けられたイベントステージではアコースティックライブやトークセッション、DJショーも行われるなど、約7時間半に渡って集まった“ロックキッズ"たちを喜ばせていた。

オチケンとともにこの日の司会を担当することになったグッドモーニングアメリカのたなしんの2人が会場を煽ったあと、先陣を切って登場したのがThe Mirraz。力強くも重厚なロックサウンドで会場を一気にヒートアップさせる。5月にリリースしたシングル曲『この惑星(ほし)のすべて』や「PVを撮りあげたばかり」(vo&g・畠山承平)という新曲『プロタゴニストの一日は』などを披露した。

続いてライブを披露したのはUNISON SQUARE GARDEN。1曲目からテンションは高く、8月27日にリリースする最新アルバム『Catcher In The Spy』収録曲などもいち早く披露し、扇情的なパフォーマンスで会場は大いに沸いた。

パスピエは、女性ボーカルの大胡田なつきのキュートなハイトーンボイスが特徴的。6月にリリースした最新アルバム『幕の内ISM』収録曲を中心に、鮮やかなポップセンスを散りばめた楽曲を次々に演奏した。

一方、4人組ガールズバンドのねごとは厚みのあるロックビートとフェミニンな歌詞世界、切なく響く歌声で会場を惹き付ける。「ここが世界一熱い場所にしていきましょう!!」(vo&key・蒼山幸子)との煽りのあと、9月24日にリリース予定の最新シングル『アンモナイト!』など7曲で盛り上げた。

凛として時雨のドラマーであるピエール中野は、DJとしてライブに参加した。「DJはフロアにいるみんながメインだから!」とオーディエンスを沸かしたあと、耳なじみのある選曲で会場をダンスホールに変えていた。時おりスティックを手に、楽曲に合わせて叩くエアードラムでも歓声を浴びていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング