チャットモンチー、約1年半ぶりのライブとなるRIJFで恒岡章とシモリョーを加えた新体制を初披露!

okmusic UP's / 2014年8月9日 19時0分

チャットモンチー (okmusic UP's)

8月9日に行われた『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014』のGRASS STAGEにてチャットモンチーが、約1年半ぶりにライブを実施! サポートメンバーの恒岡章(Dr. / Hi-STANDARD、CUBISMO GRAFICO FIVE)、下村亮介(Key.& Gu. / the chef cooks me)とともに新しい体制でステージを披露した。

【その他の画像】チャットモンチー

約1年半ぶりとなるこの日のライブ。「変身」のRemixが鳴り響く中、橋本絵莉子がオーディエンスの前に姿を表し大歓声を浴びた。続いて福岡晃子、更にサポートメンバーが登場し、掻き鳴らされたのは「ハテナ」。続いて「シャングリラ」「風吹けば恋」と、立て続けに、“4人"の音に生まれ変わった代表曲が披露される。休む間もなく3曲を終えたところで、橋本によるMCで、サポートメンバーの恒岡章と下村亮介が紹介され、チャットモンチーの“新たな"活動の再開を、数万人の聴衆に堂々と宣言した。

この4人体制に関して、リーダー橋本絵莉子はオフィシャルHPでコメントを発表、全文は以下。

「大変お待たせしました。
チャットモンチーは、新しい音へ向かうため、2人きりを飛び出し、4人の世界へ羽ばたくことにしました。
私たちをサポートしてくれる今回のメンバーは、ドラムがツネさん(Hi-STANDARD, CUBISMO GRAFICO FIVE)で、キーボードがシモリョーくん(the chef cooks me)です。
そう、私が初めてギターでコピーした曲は、ハイスタの「NEW LIFE」です。こんな日が来るなんて。16歳の私に教えてあげたいです。頑張ってバンド続けてたら将来良いことあるよって。
そして、シェフのフロントマン、音楽への情熱が果てしなく、私たちを新しい音へ近づけてくれる才能の持ち主シモリョーくんに加わってもらって、今まで行けなかったところへ向かいます。
わくわくすることだらけです。
これからも変わり続けていくチャットモンチーを、お楽しみに!
リーダーえりこ」

また、ステージ上のMCで、約2年振りとなるニューシングルをリリースすることも発表された。 発売日は10月29日(水)で、タイトルは「こころとあたま / いたちごっこ」。両曲とも橋本絵莉子の作詞・作曲による両A面シングル。M-3には『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014』の冒頭で、登場S.Eとして使用されたgroup_inouによる「変身 (GLIDER MIX) by group_inou」も収録した、全3曲入りの作品になる。 なお、オフィシャルサイトでは、8月31日 (日) 23:59までの期間限定で、「こころとあたま」「いたちごっこ」の2曲の試聴が行なわれているので、是非ともチェックしてみて欲しい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング