MACO、大原櫻子、新人女性シンガーに本格ブレイクの兆し FaRao 7月音楽ストリーミングランキング

okmusic UP's / 2014年8月19日 18時0分

MACO (okmusic UP's)

音楽ストリーミングランキングとは、聴き放題インターネットラジオ「FaRao」で1ヵ月間に再生された曲の、再生回数、Good回数、Bad回数を独自の集計で計算したチャート。CD売上枚数やダウンロードのランキングとは一線を画した、ユーザーが直観的に、本当に良い曲だと感じている曲がわかるランキングである。
【音楽ストリーミングランキングの画像】

聴き放題インターネットラジオFaRaoが、音楽ストリーミングランキングの7月度TOP20を発表した。邦楽部門はMACOの「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない~We Are Never Ever Getting Back Together (Japanese Ver.)」が、洋楽部門はジャック・ジョンソンの「ユー・アンド・ユア・ハート」が、それぞれ1位を獲得した。

この「音楽ストリーミングランキング」とは、ユーザーが「Good」「Bad」を選択することで自分好みの音楽チャンネルが作れるFaRaoにて、再生された曲の「Good」率と「Bad」率を集計、再生回数に加味して独自の計算で算出した月間チャート。つまり、ユーザーが直感で「いい曲!」と思った曲がわかるランキングとなっている。

7月度の邦楽チャートは、MACO、大原櫻子と新人女性シンガーが1位、2位を独占。どちらも2013年末から2014年にかけて徐々に話題を集めてきたニューカマーだが、ここにきて、いよいよ本格ブレイクの兆しを見せている。

1位となったMACOは、“SNS世代の歌姫”として注目を集める現在23歳、北海道出身のシンガーソングライター。ブレイクのきっかけは、YouTubeで発表してきた洋楽ヒット曲の日本語カバーだ。彼女の公式YouTubeチャンネル「MACO_CHANNEL」は開設から7ヶ月で、総再生回数が遂に1000万回を突破。チャンネル登録者数は10万人に届く勢いとなっている。

なかでも一番人気となっているのが、ランキングでも1位になった「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない~We Are Never Ever Getting Back Together (Japanese Ver.)」。5月に配信リリースとなったメジャーデビューシングルのこの曲は、テイラー・スウィフトのカバー。6月には来日したテイラー・スウィフトと感動の対面を果たし、7月にはこの曲を収録したメジャーデビュー・ミニアルバム『23』がリリースされるなど、注目はさらに拡大。FaRaoの月間ストリーミングランキングでも、6月度の7位から1位へとジャンプアップを果たした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング