7!!(セブンウップス)、感涙の渋谷公会堂初ワンマン!

okmusic UP's / 2014年8月19日 17時30分

8月17日(日)@渋谷公会堂 (okmusic UP's)

沖縄出身・在住の男女4ピースバンド、7!!(セブンウップス)が8月17日(日)、渋谷公会堂にて「7!!のうぷぷな日SPECIAL 10th Anniversary~渋公ちゃん、ばんみかちぇー!!~」を開催した。

【その他の画像】7!!

結成10周年を迎えた7!!にとって、記念すべき初のホールワンマンライヴとあって、開演前から高まる期待と熱い熱気に包まれていた。「渋谷のみんな元気? 今日は、全力で楽しいライブにしていきます!」というヴォーカル・NANAEの呼びかけで会場は盛り上がりを見せる。

8月13日に2ndアルバム『STARTLINE』をリリースしたばかりということもあり、アルバム収録のヒットシングル「スタートライン」(読売テレビ・日本テレビ系TVアニメ『金田一少年の事件簿R』エンディングテーマ)、「メロディ・メーカー」(tvk『saku saku』2014年度オープニングテーマ)はもちろんのこと、「フォーリン・ラブ」「ラヴァーズ」「さよならメモリー」「ドキドキ」「弱虫さん」などヒット曲を次々に披露していく。

NANAEはMCで渋谷公会堂ワンマンライヴへの想いと、結成からの10年を振り返り、「最初は4人で音を鳴らすことが楽しくて、ただただ毎日を一緒に過ごし、音楽を続けてきました。辛い時期もあったけれど、あきらめずに続けてきてよかったです。10周年を迎えて、渋谷公会堂でワンマンライブができることは、決して当たり前ではなくて、7!!を支えてくれた沢山の人たちと、今日ここに来てくれた“アナタ"がいたから、渋谷公会堂に立てました。7!!を渋谷公会堂に連れてきてくれてありがとうございました」と語り、大粒の涙を流した。

アンコールラストには、2ndアルバム『STARTLINE』通常盤のボーナストラックとして収録の「弱虫さん(うちなーVer.)」でコラボレーションした三線(さんしん)奏者、宜保和也がスペシャルゲストとして登場。初の渋谷公会堂はユーモアあふれるMCもあり、7!!の幅広い音楽性が十分に楽しめるライヴであった。

今後7!!は、全国ツアーを9ヵ所で開催し、秋には奄美大島出身の音楽ユニット、カサリンチュとのアコースティックツアーも決定。10周年ならではの怒涛の活動に注目してほしい。

■アルバム『STARTLINE』

発売中
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL-4255~6/¥3,611+税
<収録曲>
01.スタートライン
02.メロディ・メーカー
03.サンライト
04.My ダーリン
05.この広い空の下で
06.太陽にKiss
07.ReReハロ~終われそうにない夏~
08.Please Please
09.I Stay
10.ノスタルジア~ReReハロ~
11.この雨が降る前に
12.この広い空の下で(Acoustic Ver.) ※ボーナストラック
13.弱虫さん(Acoustic Ver.) ※ボーナストラック

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング