プリンスが古巣ワーナー・ブラザーズから新作を2枚同時リリース!

okmusic UP's / 2014年8月26日 16時0分

プリンス (okmusic UP's)

1978年のデビュー以来、その圧倒的なカリスマ性と天才的な音楽センスで世界中に熱狂的な信者を生みだしてきた現代音楽界屈指の天才アーティスト、プリンス。今年4月にはデビュー当時から長らく在籍して黄金時代を築いた古巣ワーナー・ブラザーズと電撃的に再契約を結んで新曲を発表したのも記憶に新しい彼が、ついに待望のオリジナルニューアルバムをリリースする。それも、2枚同時リリースということで世界に衝撃を与えている。

【その他の画像】Prince

本国アメリカで9月30日に同時発売されるのは、プリンス名義の新作『ART OFFICIAL AGE(アート・オフィシャル・エイジ)』と、プリンスがバックアップするガールズバンド=3RDEYEGIRL(サードアイガール)との連名であるプリンス&サードアイガール『PLECTRUM ELECTRUM(プレクトラム・エレクトラム)』の2作品。単独名義の『ART OFFICIAL AGE(アート・オフィシャル・エイジ)』は初期プリンスを思わせる“クラシックなプリンスサウンド"に仕上がったとのことで、作曲、プロデュース、アレンジ、演奏はすべてプリンスとジョシュア・ウェルトンが担当している。R&B、ソウル、ファンクが融合したこのアルバムはメロディーが突出して素晴らしく、これぞプリンスといったリッチでソリッドで、レンジいっぱいに弾ける彼のヴォーカルが堪能できる作品となった。

もう一方の『PLECTRUM ELECTRUM(プレクトラム・エレクトラム)』は、ドナ・グランティス(ギター)、ハンナ・フォード・ウェルトン(ドラム)、イダ・ニールセン(ベース)からなる3RDEYEGIRL(サードアイガール)、そしてプリンスの競演による作品で、クラシックなバンドサウンドが特徴。ライヴレコーディングの上、アナログで録音されたというこのアルバム収録曲の多くは今年5月に行なわれた「HIT&RUN UKツアー」でも演奏され、英ガーディアン紙が“ファンクロックバンドによる史上最高のパフォーマンスの一つ"と形容したほどの壮大なファンクロックが聴ける作品らしい。

アメリカでは、iTunesをはじめとする配信サイトで2作同時に8月25日から先行予約(プレオーダー)がスタートし、『ART OFFICIAL AGE(アート・オフィシャル・エイジ)』を先行予約すると「CLOUDS(クラウズ)」「BREAKDOWN(ブレイクダウン)」の2曲が、『PLECTRUM ELECTRUM(プレクトラム・エレクトラム)』を先行予約すると「PRETZELBODYLOGIC(プレッツェルボディロジック)」がいち早くダウンロードできるという。日本での先行予約も8月26日(火)よりスタートしている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング