「若草山 MUSIC FESTIVAL 2014」にてSOS、大原櫻子、クリス・ハートらが奈良に集結

okmusic UP's / 2014年9月16日 13時0分

9月14日@『若草山MUSIC FESTIVAL 2014』 (okmusic UP's)

古代ロマンを今に受け継ぎ、平城遷都1300年祭でも話題を集めた古都・奈良。伊勢物語や古今和歌集などで歌にも詠まれ、人気の観光地でもある若草山を舞台に、今年も音楽イベントの『若草山MUSIC FEATIVAL』が開かれた。

【その他の画像】大原櫻子

数を重ねるごとに多くの支持を得るようになったこのイベントも、今年で4回目。好天にも恵まれ、奈良の街を一望できる芝生敷きの斜面が客席となった会場には、子供連れの家族やカップル、友達同士などで過去最高となる4,300人の音楽ファンが集まり、まる1日に渡って良質の音楽を楽しんだ。

オープニングアクトに登場したのは、神戸を活動拠点にするシンガーソングライターのオカダユータ。8月に開かれた、奈良県の観光キャンペーンソングを決めるオーディション「JAPAN HEART BEAT in NARA」で見事グランプリを受賞した郷愁感漂う曲『とこしえの歌』などを演奏した。色鮮やかな衣装で無国籍風かつ大人の寓話的世界観を披露したのが久和田佳代。昭和のヒット曲をカバーした4月発売のシングル『買い物ブギ』などで、独創性を存分にアピールしていた。すでにマスコミ等で注目を浴びている中高生による6人組のシンガーユニットLittle Glee Monsterは、圧倒的なボーカル表現力でオーディエンスを驚かせる。ソウルフルな歌声、抜群のコーラスワーク。今年10月29日に待望のメジャーデビューが決まり、早速そのシングル曲『放課後ハイファイブ』を披露して大きな拍手を浴びていた。

ナチュラルな歌声と切ないラブソングでオーディエンスを魅了したのは、アリアナ・グランデの来日公演でオープニングアクトを務めるなどで注目された、北海道函館出身のシンガーソングライターMACO。時おり胸に手を当てて歌うなど、等身大のメッセージを綴った真摯なステージで好感を持ったオーディエンスも多かったはずだ。ハワイアンムード満点の平井大のステージは、夏のイベントに引っ張りだこなのもうなずける、爽やかな歌声でオーディエンスの心をぐっとつかんでいた。今年6月にリリースしたディズニーの名曲をカバーしたミニアルバム『Disney Island Music』、さらに7月にリリースしたメジャー第1弾アルバム『ALOOOOHANA!!』からも選曲した計7曲で会場を大いに盛り上げた。一方、女性シンガーソングライターMinamiと、男性ラッパー&トラックメイカーのStaxx TによるユニットのCREAMは、多くのアーティストに詞曲を提供しているのも納得のバラエティに富んだ選曲でステージを構成。痛快なグルーヴとメロディアスなサウンド、そして2人の巧みなマイク・パフォーマンスはさすがの一言に尽きる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング