CD『幻妖綺~狼ノ花嫁~』より前野智昭さん公式インタビュー到着

okmusic UP's / 2014年9月25日 0時30分

『幻妖綺~狼ノ花嫁~』ジャケット画像 (C)TEAM Entertainment Inc./XROSS FLEUR(okmusic UP's)

大正を舞台に《妖との恋愛》が擬似体験できるシチュエーションCDの第3弾『幻妖綺~狼ノ花嫁~』が9月24日にリリースされた。


【その他の画像】“清一郎”役の前野智昭さん

幻妖綺(げんようき)とは―― 
月夜に語られる美しくも妖しい戀ノ噺......物語の舞台は大正の御代。
光と闇が絡み合い、怪異が今も尚残る千年の都――
《人為らざる者》との恋模様を描く大正幽玄浪漫譚。
今宵、怪異に囚われるのは――

今作では、漫画家としても活躍中の六路黒がイラストを担当。そしてこの度、“清一郎”役を務める前野智昭さんのオフィシャルインタビューも到着している。

--------------------------------------------------------

■『幻妖綺~狼ノ花嫁~』前野智昭さんオフィシャルインタビュー

――収録を終えてみてのご感想をお願いします。

無事に収録が終わってほっとしてます。
一人で収録をしていたのでやはり寂しかったですね。
演じるのは1年ぶりの収録だったのですが、すでに3年くらい経っているような感じでした(笑)。
久しぶりに演じられて楽しかったです。

――改めて、キャラクターを演じるにあたっての感想をお聞かせください。

すごく前にやった感覚ではあったのですが、清一郎と送り狼のことは覚えていたので、収録前に前作の声を聴かせていただいて、「ああ、そうだこんな感じだ」とより鮮明に思い出してすんなり収録に入ることが出来ました。
前回も内容は甘かったのですが、今回も更にパワーアップしている感じです。

――もっともお勧めの甘いシーンはどこですか?

いっぱいあったんですけど…。
特に、口づけのシーンですね。
それと、“あるもの”を口移しで食べる様なシーンがあって、そこはかなり濃厚だと思います。

――最後にファンの方へメッセージをお願いします

ファンの皆さんからこの作品の感想をいただいていて、すごく良かったですというご意見も多かったのでこうして続編に携われてすごく嬉しく思っています。
自分の声のトーンのいろんなところを使う難しさと楽しさが、同時に僕自身も楽しめる収録でした。

今回の最新作も聴いていただいて、感想などを沢山いただければ、もしかしたら(!?)
次の展開が待っているかもしれないので、これからも幻妖綺シリーズをよろしくお願いいたします!

----

2014.9.24 ON SALE

『幻妖綺~狼ノ花嫁~』

<物語>
古都に棲む名家の令嬢である貴女――。
兄のように慕う幼馴染で、妖(あやかし)《送り狼》でもある清一郎の『花嫁』となり、甘い新婚生活を過ごしていた。
或る夜、珍しく疲労の色を見せた彼を気遣い、温泉旅行を提案する。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング