SuG、舞浜アンフィシアターでのSuG同士のライブバトル初日終了&今冬に対バンライブ開催決定

okmusic UP's / 2014年10月5日 12時30分

「極悪SuG」 9月4日(土)@舞浜アンフィシアター (okmusic UP's)

SuGが舞浜アンフィシアターにて、10月4日と5日の2日間に渡り「極悪SuG」「極彩SuG」の2つのバトルをコンセプトで行うワンマンライブを開催。初日の10月4日「極悪SuG」のライブが開催された。

【その他の画像】SuG

10月4日、5日の2日間に渡り「極悪SuG」「極彩SuG」の2つのバトルをコンセプトで行うワンマンライブのコンセプトは「極悪SuG」と「極彩SuG」 がバトルをし、2日間の観客の声量が大きい方の公演がライブDVD&BDとして発売されるというもの。

オープニングFM OSAKA「BUZZ ROCK」の パーソナリティでお馴染みの下埜正太が登場。今回の企画の説明があると、オープニング映像がスタート。「極悪SuG」と「極彩SuG」の会見でのバトル映像が流れ、ステージからポップアップでメンバーが登場すると一気にアンフィシアターのボルテージは上昇。

ROUND1では「Pastel Horror Yum Yum Show」からライブがスタート。 ダンサーが登場し「KARMA DISCORD」「Howling Magic」を披露。MCで は再度下埜正太が 登壇。メンバーへメッセージを求めて武瑠、yujiにマイクが向けられると「あぁ?」 と挑発的な態度で下埜を制圧。ぴりぴりムードの中、ROUND2がスタート。活動再開第一弾シングル「MISSING」を披露すると「fatinside horror」などヘヴィなロックナンバーを披露。「butterfly Boy」「薫」「きたないことば」を続けて演奏。

次のMCでは両日一人だけ極悪ではないかと呼び声が高いChiyuへ。ほぼ司会を無視し、温厚なイメージのmasatoも本日は口を開かなかった。司会の下埜は「こんな緊張感のあるインタビューは無いです」と冗談交じりに本音を漏らす。「盛り上がって行こうぜー!」と「sweeToxic」がスタートするとダンサーが再度登場。 「揺らせ!」という武瑠の合図に乗ってアンフィシアターに集まった2000名のファン が一斉にジャンプ。「ID fudge factor」「yellow strider」「輪廻せんちめんたる」などあまり普段のワンマンライブでは披 露される事が少ないエッジーなナンバーも披露。「ラストー!」と武瑠が叫ぶと「mad$hip」 を披露して本編は終了。

アンコールに入るとSuG流パンクナンバーで11月19日(水)発売の新曲「CRY OUT」を初披露。最後のMCで も相変わらず極悪な態度で司会を挑発。最後ドラムshinpeiにマイクが。すると背が小さいshinpeiがステージ前でハコ馬に乗り、司会を見下し挑発するパ フォーマンスで会場を沸かせた。SuGのライブで定番のナンバー「heavy+electro+dance+punk」を披露し、最後は「ときどきすてきなこのせかい」でVersuS初日、SuG史上初?となるほぼMCの無い「極悪SuG」のライブは終了。そして、この日の観客の声量は「430db」 を記録。翌日行われる「極彩SuG」の観客の声量は「430db」を超えるのか、要注目だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング