The Cheserasera、代官山ユニットにてツアーファイナルを開催

okmusic UP's / 2014年10月7日 20時0分

10月5日(日)@代官山ユニット (okmusic UP's)

今年6月にミニアルバム『WHAT A WONDERFUL WORLD』でメジャーデビューを果たした3ピースバンドThe Cheserasera。全国20ヵ所以上をまわるツアーのファイナルを、10月5日(日)に代官山ユニットで開催した。

【その他の画像】The Cheserasera

4ヵ月前に下北沢シェルターで行われたレコ発ライブでは、「ユニットでは成長した姿を見せたい」と話していたメンバー。その言葉が現実になることを目撃するために、雨の代官山ユニットには多くのファンが駆けつけた。

The Cheseraseraのライブではお馴染みのドリス・デイの「ケ・セラ・セラ」が流れると、ボーカルギター宍戸翼、ベース西田裕作、ドラム美代一貴がステージに登場。宍戸がポロポロとギターを弾きはじめ、3人が一斉に音を鳴らすと、ライブは「彗星」で幕を開けた。背中から照らすオレンジ色の光でメンバーの姿はシルエットしか見えない。1曲終えて宍戸が気合いを入れるように「ウォーッ」と叫ぶと、「月と太陽の日々」で一気にサウンドが爆発。ステージも一気に明るくなり、メンバーの顔がよく見えるようになった。とてもいい表情だった。

「The Cheseraseraです。よろしくお願いします」。あいさつは手短に、続く「goodbye days」では、軽やかなリズムにのって、お客さんも小刻みに揺れた。ライブでは最新ミニアルバムからの楽曲を中心に、「風に吹かれて」や「LOVERS」などこれまでのライブ定番曲もセットリスト織り交ぜて進んだ。歪んだギター、荒々しいベース、性急なドラム。たびたび目を合わせながら、3人はその複雑な音をしっかりと重ね合わせる。“これぞロックバンド"と思わせるシンプルなかっこよさがThe Cheseraseraのライブにはある。ぶっ通しで6曲を終えると、すでに宍戸の髪からは汗が飛び散っていた。

「ツアーをめちゃくちゃまわってきました。喧嘩をして仲が悪くなった時もあったけど(笑)、意味のある時間を過ごせました」と宍戸が話すと、中盤戦は「さよなら光」からはじまった。なかでもサビで大きな広がりを見せた「No.8」から、宍戸のファルセットが印象的な「Finale」への流れは、とりわけ胸を打つ展開だった。激しい演奏とは裏腹にどこかもの寂しくなるメロディ、それを紡ぐ宍戸の表現力はこのツアーを経て増したように思う。そして、バンド初期から歌い続ける激情のラブソング「愛しておくれ」。手加減という言葉を知らない3人の全力投球の伝え方は少し不器用にも映るが、それこそがThe Cheseraseraの魅力でもある。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング