黒夢、清春のバースデーにツアー『夢と鞭』終幕

okmusic UP's / 2014年11月3日 14時0分

10月30日@東京・新木場STUDIO COAST (okmusic UP's)

去る7月19日、人時の42回目の誕生日に幕を開けた黒夢の「TOUR 2014 BEFORE THE NEXT SLEEP VOL.1『夢は鞭』」が、10月30日、清春の誕生日に着地点へと到達した。言い換えれば、清春が46回目の誕生日を黒夢としてのステージ上で迎えたということである。

【その他の画像】黒夢

この夜の会場は、清春自身にとって初となる東京・新木場STUDIO COAST。定刻スタートが常だった今回のツアーにあってはめずらしく30分ほどの開演遅延があったが、「ZERO」をオープニングSEに据えながら「FAKE STAR」で始まったこの夜のライヴの演奏内容は、時間軸を超越するかのような新旧織り交ぜてのライヴが重ねられてきた今回のツアーを総括するかのように、途中にアコースティック・パートなども盛り込みながら4回にわたるアンコールを含めて全32曲にも及び、清春と人時がステージを去る頃には、すでに時計の針が23時をまわっていた。

ライヴ自体の充実ぶりについては言うまでもないが、清春の誕生日ならではのサプライズも用意されていた。アンコールの際、人時がアコースティック・ギターを弾きながら「Happy Birthday To You」を歌い始め、場内を埋め尽くしたオーディエンスを合唱へと誘うと、巨大なバースデー・ケーキが載せられたワゴンを押しながら登場したのは、なんと清春の敬愛するMORRIE(DEAD END、Creature Creature)。この計らいについてまったく知らされていなかった清春は「いや、俺、ホントに知らなかったんで……」と少々うろたえていたが「46年間でいちばん幸せな誕生日です」と喜びを口にしていた。友達、後輩、崇拝の対象、ファンに囲まれながらその瞬間を迎えて幸福だ、とも。

もちろん清春が味わっていた幸福感は“誕生日だから”というシンプルな理由のみに起因するものではない。人時も「過去、こんなに思い入れを抱けるツアーはなかった」と語っていたが、これまでの経過からすればあり得なかったはずの今回の全国ツアーが、誰にも想定し得なかったほど濃密で充実したものになったからこその喜びを、彼ら自身が噛み締めていたはずなのだ。そうした現実についての清春の感謝の言葉は、「みんなのせいだと思います」という実に彼らしいもの。今現在の黒夢にとってかならずしも不可欠なものとはいえない地方公演や小さなライヴハウスでの公演も多数含まれていた今回のツアーだが、彼は「過酷な感じをもうちょっとやっていきますんで……愛してください」と言い、嬌声と拍手を浴びていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング