ハルカトミユキ、多数の新曲を披露した東名阪ワンマンツアーを完走

okmusic UP's / 2014年11月17日 15時0分

11月15日@恵比寿LIQUIDROOM (okmusic UP's)

東京で45年ぶりの積雪が記録された今年2月の大雪の渋谷CLUB QUATTROから9カ月ぶりとなる、ハルカトミユキの東京でのワンマンライヴが東名阪ワンマンツアーのファイナル公演として恵比寿リキッドルームにて開催された。

【その他の画像】ハルカトミユキ

2013年のメジャ-移籍第一弾1stアルバム『シアノタイプ』を経て、今年5月にリリースされた3rd EP『そんなことどうだっていい、この歌を君が好きだと言ってくれたら』収録の「その日がきたら」では破壊、喪失の果てに花開く再生、誕生を歌うなど新境地へ果敢に挑み続ける二人の動向に注目が集まる中、迎えた久々の東京公演、満場を埋め尽くすファンの期待は嫌が上にも高まり開演前の会場を緊張感が支配する。

ハルカトミユキ、二人の選曲による80'SエレポップやQUEEN、トーキングヘッズという絶妙なBGMが軽快に流れ彼女たちの独特の世界観を更に演出する中、BGMがフェードアウトしピアノとシンセによる四ツ打ちのオリジナルのオープニングSEとクロスフェードしながら演奏はスタートした。会場が拍手に包まれる中、シルクのような光沢を有した白いTシャツと細身のパンツ身を包んだハルカの「ハルカトミユキです!」のMCと共に聞き慣れないメロディと共に幕を開けた1曲目はまさかの新曲! グルーヴィなロックチューン「生まれる」。久々のワンマンに懸けるメンバーの意気込みとテンションの高さが伝わるようなアグレッシヴなギター・サウンドが聴く者の魂を鷲掴みにする。これまでのファンの飢餓感を良い意味で裏切るかのように新曲「裸足」、さらに「もう1曲新曲やります!」のハルカのMCで四ツ打ちの「たった今、生まれたみたいにいたい!」の歌詞も示唆的な「子猫」という新曲をドロップ! 続けざまにライヴではお馴染のキャッチーなギター・リフも印象的な未発表曲「バッドエンドの続きを披露」。短距離走者のようにここまで一気に駆け抜けたハルカが緊張を解すかのように口を開く。「私たちの思いが爆発して飛び散って皆さんに届くように、そしてみんなも爆発してください!」会場から拍手が巻き起こる。ハルカの「残酷な曲を1曲!」のMCと共に2nd EP収録、大人になれない大人を謳った「未成年」。前回のワンマンからの長いインターバルが決して無為なものではなく様々な経験を経て骨太に成長したヒリヒリするようなロック・サウンドに観客は圧倒され続ける。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング